Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

ハーフだけど、次「ハーフ?」って聞かれたら殴る

私が働いている飲食店のお客様の層はかなり多国籍です。英語が喋れないと、働くのがかなり難しいです。

接客していると、外国人・日本人問わず「英語すごいね!」と言われます。そこまでは大丈夫です。自分が学んできたことの成果を褒められているととらえられるので。

でも、ほとんどの人はこう続けます。

 

「純日本人なの?」

 

私:

f:id:PhilHardison:20171002153305j:plain



 

 

この質問要るか?

毎週毎週同じ質問を投げかけられてるこっちとしては、次言われたら酒瓶で頭カチ割ってやりたいくらいにはイライラしてます。

 

「ハーフですけど・・・」

 

と答えると何故かしっくりきたように

 

「あ~!なるほどね!」

 

という反応が返ってきます。

 

いや、何が「なるほど」なの?

 

そもそもどういった意図で「純日本人なの?」って聞いてるの?まさかとは思うけど、ハーフだったら英語が話せて当然だとか思ってないよね?日本ってまだそんな馬鹿が野放しになってるの?・・・いや現になってるのか。

 

 

 

私は確かにハーフだけど、アメリカ人の父親は私が小さい頃に不倫相手と出て行ったし、母は私に英語を学ぶ機会なんて与えてくれなかった。むしろ彼女は私にアメリカのルーツがあるのを否定するような母親。だから私は英語を自力で学ぶしかなかった。なのにそれを「あー!ハーフだからかー!」ってまるで私が一切苦労してないみたいに決めつけるのってどうなの?頭割られてもおかしくないくらい失礼だと思うよ?

それとも何か?どうやって英語喋れるようになったかを質問してくるおまえら全員に1から10まで説明しろってか?それ私が捨てられて両親から愛されてこなかった話も込み込みになるよ?

初対面で純日本人かどうか聞いてくるような馬鹿にそこまでしてやる義理ないわ。

 

 

「じゃあどうすればいいんだよ」って?

 

どの言語を喋るか、というのは、多くの日本人がとらえるよりもかなりデリケートな問題です。家庭環境やルーツなどについて話しているのと同じだし、初対面で深く聞いていい話ではありません。重々気をつけてください。

そもそも初対面で第一声が「純日本人ですか?」とか「ハーフですか?」って・・・。「ここのバーはオープンしてどれくらいですか?」「おねえさんはお名前なんていうんですか?」「ここは外国人のお客さんが多いんですね」とかあるだろ!?なぜ「純日本人ですか?」と「ハーフですか?」を選ぶ!?分からなすぎる!!!

アメリカにも初対面で突然「あんたイスラム教徒?」とか聞く馬鹿いるけど本当に意味が分からない!!!!

すごい!!

 コミュニケーション能力の低さ優勝だね!!

 

 

 

英語を喋れる人にはどんな人がいるでしょう?

本当に両親が英語と日本語で育ててくれた人、むしろ日本語が苦手で英語が母国語だという人、生まれも育ちもイギリスだから英語はぺらぺらだけど両親は日本人だという人、留学していた人、留学もせずにネイティブ級の英語を身につけた人・・・ネイティブレベルの英語を喋れる人って、喋れるようになった経緯にも色々あるんです。

 

「どこ出身ですか?」

は日本でもよくある質問ですよね。

でも、

「何そのしゃべり方?両親はどこ出身なの?」

って初対面の人に聞きます?聞きませんよね?というか何より初対面でそんなこと聞くなんて失礼だと思いませんか?

思わないならそのまま不躾な質問を続けて我々に嫌われ続けてください。

嫌われたくてやってるんでしょうから。狙い通りですよ!おめでとうございます!

 

 

じゃあ言語の話をする時はどこまで尋ねていいのか?

どの言語を喋れるか、そして母国語はそのうちのどれなのか、までは聞いていいと思います。ですが、それ以上を初対面で尋ねるのは完全にNGです。「私は何カ国語か喋れるけど全然聞いてもらって構わないよ!」という人もいるかもしれません。ただ私が言っているのは、その質問が地雷になっている人もいる、ということです。

 

 

失礼な質問をしてくる人が減ることを祈るぜ。

 

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想ディスはこちらまで。

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

philhardisonbusiness@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube