Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

ロサンゼルスで部屋を借りれなかった話

今留学中の身なんですが、1ヶ月半ほどロスで家を借りようと思ったら、思いの外ハードモードで全然借りれませんでした。

今回の記事、今までで一番長く情報量も多いので、便秘や下痢でトイレから出れない時にお供としてどうぞ。

 

 

 

 

まず、アメリカでは部屋の広さがStudioから始まります。ワンルーム、というのは日本語なので、狭い部屋を探す時は「Studio for rent」で検索しましょう。

Apartment GuideやApartment Finderなんかを使ってStudioをオンラインで探していました。ロサンゼルスは家賃がクソ高いです。特にHollywood周辺やDowntownなんかでは、Studioで20万円くらいは普通に見といた方がいいです。ハリウッドから南に、ダウンタウンから西に行ったエリア(Mid WilshareやKorea Town)なんかは比較的安いですが、それでも15万は見ていた方がいいです。

また、デポジットとして初月に6万〜10万請求されます。解約時に帰ってくるとはいえデカいです。

さて、ワシは金があるので、20万くらいだったら払ったるわという成金のハートで家探しをしていた訳です。最初はホームページを見てオンラインで空き室の問い合わせをしていたのですが、3日経っても返事をしてくる業者はゼロなので、電話をかけまくりました。カリフォルニア人はメールには応答しないようなので、とりあえず電話しましょう。

-----------------------------------------------

▶1件目

ワシ「スタジオが空いてるってネットで見たんですが、空いてます?」

女の人「ごめんなさい、もうスタジオは空いて無くて、ワンベッドルームだったら25万円からあるんですけど、いかがですか?」

ワシ「本当にありがとうございました

 

▶2件目

ワシ「スタジオが空いてるってネットで見たんですが、空いてます?」

インド人「※△☆■◯&%+!」

ワシ「・・・ん?」

インド人「コレプラベトデンワ!***-****-****にデンワする!」

ワシ「(やべえ全然何言ってるか分かんねえ・・・)えっと、電話番号もう一回いいですか」

インド人「アアモウ!!!!123-456-7890!!!!!!

ワシ「待って早い早い。もう一回お願いします」

インド人「ウアアアアモウ!!!123-456-7890!!!!!!

どんどん声が大きくなるんですが、いや聞こえるんだけど、おまえが何言ってるかが分かんなくてwwwwwwってなりました。いったいどうやってこの職についたんだ・・・?

ここで色んな意味で心が折れます。

 

▶3件目

ワシ「スタジオが空いてるってネットで見たんですが、空いてますか?」

男の人「はあ」

ワシ「え、えっと・・・おいくらですか?」

男の人「13万円」

ワシ「え〜っと、ここにはユーティリティー(ガス水道電気等)込みって書いてますけど、具体的に何が込みなんですかね?」

男の人「何もない」

ワシ「えっと・・・え?」

男の人「何もない」

ワシ「本当にありがとうございました」

 

 

 

カリフォルニアはんぱねぇええええええ!!!!!!

 

Apartment GuideもApartment Finderも全然ダメじゃねえか。次はびびなび(ロサンゼルス在住の日本人のための交流サイト)だ。

「なんだ〜!ルームメイト情報いっぱいあるじゃ〜ん!しかも日本人だから安心じゃ〜ん!」

-------------------------------------

▶4件目

ってことでダウンタウンで短期で住まわせてくれる方に連絡を取り、その週の金曜日、20時半にお約束いたしました。

当日、トーランスから2時間ほどかけて現地に到着です。

20時ぴったりに呼び鈴を押します。出ません。

SMSを送ります。返事来ません。

電話します。出ません。

1時間近く待ちます。来ません。

は・・・?

なぜか逆ブッチをキメられたので、その日はそのままダウンタウンに住んでいる男の家に転がり込み、「2時間かけて来たんだぞ2時間!!日本人のくせにカリフォルニアに毒されすぎだろうがふざけんな!!」と酒を煽ります。ダウンタウンめっちゃ楽しい。

 

 

 

仕方がねえ、最後の手段、Craigslistだ。クレイグズリストについてここで説明するのはめんどくさいのでぐぐってくださいすいません。

 

ちなみに今更ですがポイントなのは、Lease期間です。1ヶ月から貸してくれる、いわゆるShort Term Leaseをやってるところなんてのは本当に砂粒ぐらいしかございませんで、無理ゲーだということにこのあたりで気付き始めます。

ほとんどのアパートは短くて1年借りるのが条件です。

------------------------------------

▶5件目

ワシ「Craigslistを見てるんですけど、14万円のスタジオのお部屋ってまだ空いてます?」

男の人「ええもちろん空いてますよ!」

ワシ「えっと・・・実は1ヶ月から2ヶ月くらいしか借りれないんですが・・・」

男の人「うちショートタームリースはやってないんですよ!」

ワシ「ですよねえ・・・ありがとうございました」

男の人「バイバイ!」

-------------------------------------

オンラインでアプライしても、電話かけても駄目だ・・・私は家を借りるということを諦めました。そして例のアレに手を伸ばす・・・そう、Airbnbです。

 

「貸し切り」の項目にチェックを入れ、40泊で20万円くらいのところを簡単に発見。もちろんWiFi、水道電気ガス代など全部込みで、支払いもクレジットカードで済むし、私はこの1ヶ月いったい何をしていたんだ・・・?

 

というわけで、ロサンゼルスでお部屋を探すなら1年以上の滞在を念頭に、できるだけ1人ではなくルームメイトと部屋を探し、そうでない場合はAirbnbに直行しましょう。

 

パトラッシュ・・・ワシはもう疲れたよ・・・・・・。

 

 

 

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

Phil Hardison | ask.fm/phil_hardison