読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Phil Hardison

「生粋のゲスがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

映画のような恋をする5つの方法

コラム

予め断言しておきますが、私は「恋?wwwくっそわろwwwwwww定義してwwwwはいどうぞwww定義wwwwww」タイプの人間です。

待って待って。私は恋を客観的にしか見ないからこそ、あなたがたとは違って、冷静に「恋」を分析できるのです。逆に言えば、恋をしたいあなたがたにとって、恋はあまりに身近過ぎる。だから分析ができず、うまくいかなくなるという訳です。

 

ということで、映画のような、少女漫画のような恋をする方法、伝授します。

 

 

  •  自分から演出する

映画のような、漫画のような恋をしたいのにうまく行かない、と嘆く女性たちは、受け身になっているかクソブスかのどっちかです。 

後者の場合は整形するか中身を磨くかのどっちかしかありませんが、前者の問題はわりと簡単に解決します。

特に自分から行動を起こしている訳でもなく「ロマンチストのイケメン転がってねえかな〜」と言うのは買ってもない宝くじが当たるのを待っているのと同じです。

宝くじ、買わないと当たりませんね?恋愛も行動を自ら起こさなければ何も展開しません。

例えば、壁ドンをされたいとします。

でも、よーく考えると、壁ドンって自然発生はしないですよね?だったら、自分で壁ドンされるように仕向ければいいのです。

じゃあどうすれば壁ドンされるのか。

簡単です。

壁に寄りかかればいいだけなんです。

「は?なんやそれwwwんな訳あるかwww」とお思いのあなた。

実際に相手の前で壁に寄りかかったことあるんか?あ?

そういう雰囲気であれば、壁に寄りかかっただけで相手がこっちに向かってくるのは当然です。そういう雰囲気でなくても、相手の手を掴んで壁側まで連れてくることだってできます。

あなたがたは、単に、その努力を怠っているだけなのです。

「起きてほしい展開」をどうやって起こすのか、プライドを捨ててそれを考えましょう。

ロマンチックは作れる!

 

 

  • ロマンチックな相手を選ぶ

いくら自分がロマンチストでも、選んだ相手がどこまでも冷めた人間だったらどう足掻いても無駄ですよね。

だって、相手はそういうことに興味がない訳ですから。

あなたが相手を顔や身長、肩書きだけで選んだ場合、

「記念日?は?それ祝う意味あんの?」

「花束?は?ゴミじゃん」

「プレゼント?は?焼肉奢ってやるのと何が違うのか分かんねえわ」

「サプライズ?は?めんどくせ」

こういったタイプの男性に当たることだって少なくないと思います。

ですので、ロマンチックな付き合いをしたいのであれば、手当たり次第ではなく、きちんと付き合う相手を吟味すべきなのです。

例えば、あなたの好きな映画がアオハライドなのに、相手の好きな映画がトーキョートライブだったら成立しない訳です。

逆に、相手の好きな映画がトワイライトシリーズだったらいける訳です。

同じロマンチック度の相手を選ぶ、これが映画や漫画のような恋をする近道かと思います。

 

 

  • 現実を直視する

とりあえず現実を見ましょう。

冒頭から述べているように、自分が憧れる展開が現実として起こすには、どんな前段が必要となるのかを考え、分析し、自分で伏線を張っておくことが大切です。

「え〜?自分から何も言わずともやってくれるからいいんじゃ〜ん!」と思ったそこのあなた。

この記事に漂着した時点でてめえにそんな選択肢はねえ。甘えんな。現実見ろ。

なんでもない日に花束を突然プレゼントされたいのなら、「この前こういう動画見てさ〜!めっちゃよかった〜!きゅんきゅんした〜!」と予め言っておく。

相手からキスをさせたい時にどういう言葉を言えばいいのか色んな男で試しておく。

 

結果には原因や経過が必ずある。

あなたたちは今、キャンプ場で火おこしをする時にじっと炭を見つめながら「え〜?何〜?火いつかないんだけど〜」と言っているのと変わりません。

アホか。

火を付けるには、火元を持ってきて、風向きを考え、着火剤も使わないといけませんよね?ロマンチックな展開の作り方も同じということです。

 

 

  • 自分がしてほしいことを知ってもらう

「こういうことして欲しいのにな〜」とか「こういうこと言って欲しいなあ〜」とか思うこと、あると思います。そして彼/彼女にそれを求めては、期待通りにならずにがっかりする、そんなことありませんか?

 

いや心読めんから。

お気づきないかもしれませんので一応確認ですが、実は、なんと、心を読める人は存在しません。X-MENは実在しません。馬鹿かよ。頼むわ。

ということで、要求があるならちゃんと口に出して伝えておきましょう

例えば「バラの花束を今までもらったことがないから、もし誰かがくれたらすごく感動すると思う」とか、そういうことをダイレクトに言えばいいのです。

その時に「別にあなたじゃなくても、友達でも家族でも誰でもいいんだけど、そういうサプライズって経験なくて憧れるんだよね」という感じでプレッシャーを軽減するとよいでしょう。

つーかそもそも、それをプレッシャーに感じるような相手はあなたとは合わないです。

 

     

    • 相手がされたいことを知る

    理想を押し付けないことも大切ですが、相手を喜ばせることもロマンチックな関係を築くポイントでしょう。

    相手がどういう服装が好きか、どういう仕草が好きか、徹底的にリサーチすれば相手も盛り上がってくれるはずです。

    ただ、「リサーチしました」感が出すぎると引かれるので、「あれ?気付かないうちにやっちゃってたんですけどこういうの好きでしたっけ?」くらいの感じでさりげなく出していきましょう。

    相手の友達からどういうことをされると嬉しいか情報を集めるのもアリかと思います。

     

    とりあえず、一方通行にならないよう、相手にも満足をさせてあげましょう。

     

     

     

    またクソ記事を書いてしまったと落ち込んでいるハーディソンの日常はこちら

    Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

     

    ご意見、ご感想、悪口はこちら(コメントには基本反応しません)

    Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

     

    血迷った結果がこちら

    Phil Hardison - YouTube

     

    直接のご連絡はこちら

    oneofphilhardison@gmail.com