Phil Hardison

Phie Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

日本人がみんな人種差別主義者なわけじゃない(大坂なおみ選手は日本人なのか?)

f:id:PhilHardison:20180909221128j:plain

もう本当にこんな記事を書かなければならなくなったのが反吐出そうなくらい自分に苛ついてるわけですが、ツイートが変な方向にバズってしまい、New York Timesにまで載ってしまったので、ここで詳しく書かせてください。ちなみにNYTの記事はこちら。

www.nytimes.com

 

さてさて、大坂なおみ選手が伝説のテニスプレイヤーSerena Williamsを倒し、Williams選手の客席からのコーチング(違反)などで一悶着あったり、ブーイングの嵐が起きてしまったりと、大波乱の中で勝利した大坂なおみ選手。

www.bbc.com

 

実におめでたいですね!スポーツに関しては知識サッパリな私でさえ、Serena WilliamsとVenus Williams姉妹は小さいころからテレビで見ていて、伝説の姉妹と認知しているレベルなので、それはもうすごいことなんだろうと!思っております!おめでたい!こういった形で本人の努力が報われるというのは喜ばしいことです!

 

しかし!!!大坂なおみ選手がテレビ等で注目されはじめたときから・・・いや、大坂なおみ選手よりも前に、ケンブリッジ飛鳥選手やその他のハーフやミックスの選手たちに注目が集まり、「日本の誇りだ!」と呼ばれ始めたことに関して、私はずっと違和感を持っていました。

 

 

 

 

ハーフやミックスの人たちを、彼らがハーフやミックスだからという理由だけでイジって笑いにしているようなテレビ番組を作っている日本の放送局が、なんで急にこんな手のひら返しできるの?という苛立ちがじわじわと積もっていったのです。そういう扱いをするなら、ハーフやミックスを変なお笑いの材料にしないでよ、と。

 

私はテレビでナイナイの岡村さんがウエンツ瑛士さんに向かって「ドイツ帰れやw」と言って笑いを取っていたのを今でも覚えているし、ヒロミさんがミックスのゲストさんに向かって「やっぱ外人サンは違うから!ね!」というような発言をしていたのも覚えています。だからこそ、「なんか都合よくない?」と感じたわけです。

 

なにより自分もハーフだからという理由だけで未だに差別的な扱いを受けることがあるという事実もあって、まるで大坂なおみさんがハーフではなく、日本人だけでしかないというような口ぶりで「日本人の誇りだ!」なんていうコメントやツイートの数々を見ていると苛立ちが怒りに変わりました。このへんが相変わらず私は心狭いです。

 

そしてこういったツイートをしてしまいました。

 

 

まあこれが大炎上してしまいまして。私は炎上でお金を稼いで旅行に行くタイプなので正直ありがたいとも思いましたが、多くのリプライを見て「あれ、これ私の意図伝わってなくね?」と気付き、再度説明をツイート。

 

 

 ちなみにこのツイートをしている段階では「こいつらマジ馬鹿じゃね?」と思ってます。ただ、これについた数々の「いや話全然違うやんけ」というリプライを見て、ああ確かに、もうちょっと説明してあげなきゃいけなかったなくらいの感じで怒りと反省が混じり合ってそれはもう大変複雑な心境です。

 

死ぬほどリプライをいただきまして、その中でも私の言うことに異論を唱えた人のほとんどが人種差別的誹謗中傷が含まれる内容のリプライを送ってこられたので死ぬほどミュートさせていただいたのですが、その中でも多くいただいた意見でこれ説明しとかなきゃいけないな、と思うことが多々あったので説明します。

 

 

 

 

 

大坂なおみ選手は日本人なのか?

 ぶっちゃけ論点ここじゃないので私的にはどうでもいいですし、私からの答えは「知らん」です。言葉が選べず申し訳ない。

大坂なおみ選手が日本人かどうか、というのは、私達が言い争うことではないです。私には「彼女が日本人だ」「彼女は日本人じゃない」なんて発言する権利はありません。それは彼女に対してだけではありません。私の周りにいる全ての人に対して、彼らが何人かどうかというのを決定するのは私ではありません。

なので、「大坂なおみ選手はそもそも日本人じゃなくない?」とか「大坂なおみ選手は日本人として出場してるから」とかいうリプライがついた時はこの人たちが世界中の人間の国籍決めてんのかな?すごいな?って思いました。お疲れ様です。

大坂なおみ選手は愛国者のみなさんにはありがたいことに日本人としてオリンピックに出場したいとも語っているそうで、今回も日本人として出場されたようです。よかったですね。

とりあえず、もしこれまでハーフやミックスの日本人に対して差別的な行動を取っておいて「大坂なおみ選手は日本の誇り!」なんて言ってるのだとしたら、ちょっとよく意味が分からないので説明をお願いしたいです。誰か。お願いします。

 

 

▼日本人みんなが人種差別主義者なのか?

そんなことはですね、一言も言ったつもりはなかったんですが・・・。どうも「大坂なおみさんのことを日本人だ、日本人の誇りだ、って言う人達本当に気持ち悪いごめんな。」が悪かったみたいで。本当はこれに続く「こういう都合いい時だけハーフを日本人扱いすんなやん」というので、都合のいい時だけミックスの人を日本人として認める奇妙な人たちのことを非難したかったんですよね・・・。

これに関しては私が悪いです。完全に私のせいです。

とりあえず、リプライの中でも多かった反応が「日本人みんながみんなそう考えてる訳じゃないし。そういう考え方してるお前の方がレイシストだろ」というもの。こういったリプライは今回だけではなく、わりとよく受け取るリプライなのではっきり言っておきます。

日本人みんながみんなレイシストな訳ないです。んなもん当たり前です。むしろ、私の周りにいる親しい人たちは純ジャパであれ、みんな差別的な行動は一切しません。むしろ、私達ハーフやミックスの人間が純ジャパの人たちから差別的な言葉をかけたりして唖然としていると代わりにその人たちを叱ってくれたりします。私は彼らが大好きです。私からすれば彼らこそが日本の誇りです。

例えば、初対面の人に「え!?名前ハーディソン!?ガイジン!?すげー!」と言われてどう返そうか困っていると、仲の良い純日本人の友達が「いやガイジンとか、すげーとか、そういうのいいけん。失礼やしそういうこと言うのやめて」とビシッと言ってくれたこともありました。ほんとこれは今思い出しただけでも泣きそうです(笑)

他にも、私が高校で教員をしている時、補講中に全く知らないクラスの生徒が私のクラスに乗り込んで来て邪魔をしにきたことがありました。そこで「今補講中なので出ていってください」と言うと「こーわwガイジンw」「うわwガイジンキレたわw」とケラケラ笑いながら出ていきました。『ガイジンだから』という勝手な判断で、しかも『ガイジン』相手だから何をやってもいいという考え方に問題があると強く感じたため、それを彼らの担任に報告したところ、担任は放課後その生徒たちを連れてきて「こいつら悪気はないんですよ?w」と笑って言いました。何度説明しても、全く言葉が通じませんでした。泣きました。「話になりません。もういいです」と言って泣きながら職員室に戻ったら、職員室内にもやり取りが聞こえていたのか、私の隣のデスクの先生も泣いていました。純日本人の先生です。その先生は私に「あなたは悪くないよ、今のは絶対にあの先生がおかしい。いつもこんな理不尽なことと向き合ってたんだね」と泣きながら言ってくれました。私はこういう人がいてくれるだけで嬉しいと思えました。でも同時に、それが悲しくもありました。

 

 

 

 

 

▼銀行の対応は差別じゃなくただの確認では?

面倒なのでまず流れだけ書きますね。

 

クレジットカードを作るべく銀行に相談する

→クレジットカードは問題なく作れるので、身分証や印鑑等を持って来るように言われ、クレジットカード作成時にスムーズに行くよう事前に名前を教えてくれと言われる

→私、名乗る

→銀行員「え!外人サンだったんですか!日本語上手だったので日本人かと思いました!」

→私「いえ、日本人です。日本生まれ日本育ちの日本国籍です。日本人です」

→銀行員「あー・・・うーん、念の為日本のパスポートお持ちいただけますか?」

 

という経緯です。私の名前が洋名でなかったら、銀行側はパスポートを要求しなかったということです。逆に、私のようにハーフだかそうじゃないんだか分からないような顔をした和名の外国籍の人が同じ質問をした場合、パスポートを要求されることなく銀行に出向いていたことになったかもしれません。

 

じゃあどうすればいいのか?記入欄に国籍の欄を作ればいい。そこに国籍を記入させればいい。簡単なことです。これを「みんなに不便を強いてまで自分が幸せになりたいか!」と言っている人もいましたが、ぶっちゃけ変に国籍どこですか?みたいな質問するよりは全員に記入させた方が効率もいいし不便でもなんでもないと思います。

 

 

 

 

▼ハーフ差別なんかないのでは?

これも結構多かったリプライです。「具体的にどう差別されたかも言わないで差別された〜とか言ってんじゃねえよ」みたいなリプライ、めちゃくちゃ多かった。私に言わせれば、私がこれまで差別されてきたことに関してはTwitterにも、ブログにも、YouTubeにも載せてます。正直私が受けてきた全ての差別的な扱いを140字で説明しろという方が無理です。というかツイッターごときでそこまで要求されても・・・というのがド正直な気持ちです。

とりあえず簡単に私が受けてきた差別をピックアップして再度簡単に説明します。

 

- 銀行での差別(前述したとおり)

 

- 就職活動中の人種差別

 就職活動中、慣れに慣れきっていたので面倒で履歴書の備考欄に「日本生まれ日本育ちの日本人です。日本国籍を持っており、母国語は日本語です」と書いた履歴書を提出したら、他の応募者がいる前で「あの〜すみません、履歴書に日本人って書いてありますけど、間違いないですか?」と苦笑されたことがあります。ただ名前が洋名だったから。それだけです。その後、人種差別を理由に家庭裁判所で名字を日本名に変え、応募する会社全ての一次に通るようになりました。色んな会社が手のひらを返すように「ぜひうちで!」「うちの会社に来てください!」と言い始めて、ああ私が今まで受けてた対応普通じゃなかったんだ。あれ人種差別だったんだ。と気づきました。

 

- 就業中の人種差別1(前述したとおり)

 

- 就業中の人種差別2

 以前教員として働いていました私立高校で、ある日自分のクラスでテストを行っていたら、隣のクラスからとある教員の怒鳴り声、机を蹴飛ばす音、ドアをブチ開ける音が聞こえ、生徒たち全員の手が止まりました。その教員はなぜか隣にある私のクラスの前で生徒を怒鳴りつけはじめ、私のクラスの生徒たちはテストに全く集中できなくなってしまいました。その件について、その教員が謝罪に来なかったので、私の方から出向き、ああいうことをされたら困ると伝えました。すると後日飲み会で他の教員数名から「日本のことわかんないかもしんないけどさあ、あれは『上司に楯突く』って言ってね、よくないよね〜」「アメリカでは違うかもしんないけど、ここ日本だからね」といったことを言われました。私は日本生まれ、日本育ちの日本人ということを知っているはずの教員たちが、です。

 

- 日常的な人種差別

 これについてはもうびっくりするほど多く記事を書いていますので、過去記事を色々と見ていただければと思います。 

philhardison.hatenablog.com

  この他にも、私の顔を見ただけで執拗に無茶苦茶な英語で話しかけてくる人なんかもよくいます。すごく不快です。

 

- 病院での人種差別

 オンラインで検診の申込みをした際、メールで「日本人向けに開発された検診なので、日本人以外は評価対象外となります」と断られたことがあります。これに関しては、確かに日本人向けに開発されたものがあるということは知っているので、もっと具体的に説明をしてもらえれば気分悪く検診を諦めずに済んだと思います。

 例えば、DNAで先祖の出身地をたどるサービス、Haploからはオンラインで購入したにもかかわらずわざわざ電話をくれました。電話口で担当者の方は、「このDNA検査キットは母方の遺伝子をたどるものですので、お母様が日本人のDNAを持っている場合のみに使用が可能なものとなります。誤ってご購入ということがありましたら大変ですので念の為ご確認の電話さしあげました」と具体的に説明をしてくれて、納得できました。医療のガラパゴス化もほどほどに、ちょっとは国際化しても良いのでは、と思うばかりです。

 

▼差別って言ってるおまえが人種差別主義者では?

これはマジいいポイントなのでちゃんとここで「いいぞ!」と言っておきます。そうなんです。もうそもそも、肌の色がどうとか、ハーフがどうとか、そういう議論すら無くなればいいんです。今回、特に何も意識せずにいつもどおり「大坂さんすごいね〜、この人が日本選んでくれてラッキーだね〜」とか「すごいね〜、よかったね〜、めでたいね〜」くらいの反応だったらよかったと思います。

ただ、「おまえが差別的じゃん」のようなことを平気で言ってくる人だけには言っておきたい。私がこうやって差別に敏感になってるのは、差別をされてきたからであって、今の私を作ったのは紛れもなく私を差別してきた純日本人の人たちです。

 

 

 

 

▼人種差別は日本だけの問題じゃないですけど?

もちろんです。前回の記事を読んでいただければ分かるかと。 

philhardison.hatenablog.com

 

特に、私は海外の色んな国(アメリカとのハーフなのでアメリカに行くことが多いですが)を訪れましたが、そりゃもう日本から出たことのない日本人のみなさんの代わりにバッチリ人種差別受けてますよ(笑)

フランス人の男の子たちに話しかけただけで「チンチョンチャンチョン!!!!」って甲高い声で返されて話を聞いてもらえなかったことだってあるし、むしろそうやってアテンションをもらえてた方がよかったのでは?ってくらいアメリカではアジア人の存在は引くほど無視されます(笑)「日本人ってつまらないよね」「日本人って失礼だよね」といったこともよーく言われます、面と向かって。

私のようなタイプのハーフで大変なのは、日本ではガイジン扱いされて、アメリカではアジア人としていくら成績がよく、実績があっても無視されてしまうことでしょうかね。いやはや、どこにも居場所がなくて困ったもんです。

それに、アスリートで言えば最近サッカードイツ代表エジルが「いい成績を残せばドイツ人と認められるが、悪い成績を残せば非国民と言われる」と、国内で自身が受ける人種差別的な扱いを非難しドイツ代表を引退しました。

www.soccer-king.jp

逆に同じドイツ国内でも、私のドイツ人の友人一家が住む町にはトルコ系の住民が増え、友人の妹のクラスでは、その妹だけが白人となってしまい、逆にいじめのターゲットになっているということも聞きました。

フランスでは黒人に対する風当たりはほとんど無くなってきたものの、アラブ系に対する風当たりは強くなる一方です。

人種差別をなくそうとする動きが強いスウェーデンスウェーデン人の友人は「俺は白人で、男で、筋肉質だから警官にはなれない。『白人すぎ』だからね」と言いました。

どの国でも人種差別はあります。ひとつ解決すればまたひとつと、問題も変わっていくことでしょう。私達はそれに向き合いながら、自分たちのマインドをアップデートさせていくのだと思います。

 

 

 

 

▼ハーフのおかげで美人でよかったじゃん?

これはね、これは良くないですわ。この類のリプ結構飛んできたんですよね。「まあ差別だなんて言わないで、みんなにちょっと美人だと思って一目置かれたと思ったらいいじゃん」とか、「ハーフのおかげで美人なわけだからいいじゃん」とか、それがめちゃくちゃ人種差別的だって分からないですかね・・・?

美は主観的に定義されるとして(この後の話をする上での大前提)、日本人にもブスはいるし、石原さとみさんもいますよね?白人にだってブスはいるし、Rooney Maraもいる訳ですよ。だからハーフに生まれたら100%美人!ってのも意味わからないし、現に私は主観で言えば自分のこと美人だなんて思ったことないですよ。

むしろハーフという理由だけで「え〜ハーフ〜!きれ〜!いいな〜!」とか言われても喜べないですよね。だってそれ別に私褒められてないし・・・。

「いや褒めてんじゃん」じゃないですよ、「ハーフだからきれい」「ハーフだからかわいい」「ハーフだからイケメン」という言い方はすべて人種差別的なのだと覚えておいてください。

 

大坂なおみ選手がこのツイート見たらどう責任取るつもり?

ちょっと言ってる意味が分かりませんが、もしこのブログを見るようなことがあれば・・・そうですね・・・

Please go your own way, you are the only one person who can define who you are. Don't listen to haters, don't let them handle your life, and don't let the politics disturb your way. And please know there are your fans always support you regardless your nationality or blood. You are beautiful just the way you are. 

 

 

 

さて、長々と書いてしまったのでこのへんにしておきます。

 

 

 

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想ディスはこちらまで。

Phie Hardison (@phie_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phie Hardison (@phie_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

phiehardison@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phie Hardison - YouTube