Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

英語が喋れるようにならない5つの理由

f:id:PhilHardison:20170905120312j:plain

  • 目的があやふや

英語の習得に関して目標を定めることは難しいのかもしれません。ただ、「英語が喋れたらかっこいいから」といったふんわりした目標だけをかかげていては、確かなゴールに向かって励むことができないので、どうしてもやる気が付いてきません。

では具体的にどういった目標を掲げればいいのか?

「バーカウンターで注文を待っている時に、近くに並んでいる外国人と世間話をしたい」「道に迷っている外国人観光客がいた時に助けてあげたい」「rとlの発音を矯正したい」「恥ずかしくない英文をSNSに書きたい」

このように、かなり具体的な目標をひとつずつ立ててクリアしていくことで、効率よく英語を習得することができるかと思います。

 

 

  • リスニングができない

イッテQで出川さんがやっているおつかいシリーズをご存じの方なら、私がここで言いたいことがだいたい分かると思います。

英語の習得において、英語を聞き取れないのはかなり致命的です。口にしたり耳にしたりする言葉は、文字ではなく音ですよね?お手本の音(言葉)を聞いた後にどれだけ忠実に音(言葉)を再現できるかできないかでポテンシャルが分かるほどには、耳で聞いて理解する能力、再現する能力は重要です。

ただ理不尽なのが、これが生まれつき差のある能力だということです。例えば、幼少期に外国語になんて一切触れてこなかったはずなのに、簡単に第二言語を習得してしまう人もいますし、逆に、幼少期に海外に在住していたにも関わらず日本語以外の言語はさっぱり、という人もいます。

リスニングができる人はどんどんレベルを進めていけばよいのですが、リスニングが不得意な人は、まずたくさん英語を聞く努力が必要となります。これを怠ると、先に進めません。

 

 

  • プライドが高い

これはいい方に働く場合もあるので難しいところですが、学ぼうとする姿勢を妨害するプライドの高さは、英語を学習する上で壁となります。

言語は生き物です。たとえ自分が「攻略した!」と思っても、次の日には学んだことがダサい言葉になっていたり、差別用語になっていたり、新しい流行語が生まれていたりすることがあります。日本語にも流行り廃れがあるように、英語も同じく、日々変わっていってしまうものなのです。

一度学んだことを自分のプライドの糧にしてしまうと、「その言葉はもう誰も使ってないよ」なんて言われると、「でも前に習った時はそうだったもん!」といった具合に、古い情報にしがみついてしまい、英語の習得を妨げてしまいます。なにより恥ずかしいですよね。

特に英語コミュニケーションを学びたい場合は、新しい言葉が常に生まれていることを意識するとよいでしょう。

 

 

  • 学校の教科書を使っている

学校の教科書、いいと思います。文法を把握するには抜群です。ただし、話したり聞いたりする分は、教科書は助けてくれません。質問しても返事はしてくれないし、会話もしてくれないからです。

それに加えて、日本の教科書検定を通っている教科書なんていうものは、正直なところ日常会話にはとうてい使えないような内容ばかりです。

私が高校で英語コミュニケーションを教えていた時は、初日に教科書を開いて、閉じて、「教科書使いません」と宣言したほどには使えません。

ただし、書店にはDARK HORIZONといった最高に使える面白い教材もあるので、教材を購入する時の見極めが大変重要だといえます。

 

 

  • 学ぼうとしていない

ある程度英語でコミュニケーションが取れるようになってくると、「こんぐらい喋れればもういいや」と思って学習をストップしてしまう人や、「自分は元々ある程度ストリートで学んできた英語を喋れるからいいや」とストリート英語から進めなくなる人を多々見かけます。

恥ずかしいのは、彼らの英語がひどく中途半端であるということ。

「通じるからいいや」と学習をストップしてしまっているせいで、SNSに恥ずかしいスラング(俗語)や汚い言葉をめちゃくちゃな文法で並びたてている人をよく見ますが、むずがゆくてしかたありません。

投稿する前に英語を喋れる人に一度確認するだけで、ぐんと文章のクオリティーも上がりますし、間違いを訂正されることで効率的に学ぶことができます。

 

 

 

 

と言っている私も別に英語が完璧な訳ではないのですが・・・。

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想ディスはこちらまで。

Phil Hardison (@damnit_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

philhardisonbusiness@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube