Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

ゲイの友達がカミングアウトしてくれない

こんにちは。

LGBTQAという言葉があるけど、本当はこんな言葉すらただのお飾りで意味の無いものになるべきだって思ってるハーディソンだよ!詳しくはこちら。


 

 今回の記事は完全に感情におまかせ状態なので論理的には進みません。先に謝っておきます。

 

 

さて、本題ですが、ゲイの友達がカミングアウトしてくれなくて落ち込んでます。

「おまえそれ本当に、確かにゲイなのか?」

うむうむ。ゲイじゃない人をゲイって疑うのもかなり失礼ですよね。確かに私自身「ゲイであれ」と思っているといえばそうなるんですけれども。でもやっぱり、ほら、ゲイ用の出会い系サイトに登録してたり、ゲイオンリーのイベント行ったり、酔って男の子の膝に乗ったりしといてゲイじゃないなんてことあります?9monstersがスマホに入っててゲイじゃないことあります???

 

 

もちろん、本人の気持ちの問題が一番だと思います。ゲイだってカミングアウトするの、吐きそうなくらい勇気がいるんじゃないかと思います。元々隠していたら、もっと難しいはず。飲み仲間にだけ言ったつもりが、回り回って地元の同級生まで伝わっちゃったらどうしようとか、友達伝いに親に知れちゃったらどうしようとか、リスクを考えだしたらカミングアウトなんてどんどん難しくなっちゃいますよね。

 

私も今こそ堂々と言っちゃってるオープンタイプですが、最初は「どうすっかなー」とそれなりに迷ったのでなんとなく分かります。実際公言してみると楽なんだけどなあ・・・。意外と自分の周りにいる人って、自分のことゲイがどうとかいうくくりじゃなくて人として見てくれてるから、びっくりするくらい自然と受け入れてくれます。私が周りに恵まれているだけかもしれませんが。

 

 

とにかく、カミングアウトしてくれなんて、私が自己中言ってるのは分かります。カミングアウトできないのにも理由があるんだから、おまえの事情なんか知るか、と。

ただ、じゃあ徹底的に隠してくれと私は言いたい。バレバレのくせに言ってくれないと、「ゲイだってだけで彼らを偏見の目で見ると思われているのがショック」ってなっちゃうから。飛び抜けて自己中発想だからこっちは。

「あ~、全然信用されてないんだな~!おっけ~!」

ってなっちゃう訳ですよ。おっけーじゃねえよ。普通に落ち込むわ。

 

例外的に、私の友達の中にはカミングアウトするとかしないとかいう次元ではない人もいます。お互いにカミングアウト的なことをした訳でもないんですが、彼とは普段の会話で自然と「いや~あの男の子タイプなんだけど、僕も彼もタチなんだよな~」とか「そろそろ僕の性的趣向理解できる女の子と結婚したい」とかいう話になるので、もうカミングアウトとかそういう感じじゃないんですよね。こんなふうに、自然体で素直にそういう話ができるって本当にファビュラス。プレシャス。プライスレス。

 

 

ちょっと何が言いたいのか分からなくなってきたので簡単にまとめると、

1.あなたが思っている以上にLGBT感はバレている

2.めっちゃバレてるのに隠されると、隠されてる側はなんとなく傷つく

3.私みたいなのにカミングアウトすると「へー!で、別件だけど」くらいのリアクションで終わるので見極めが大切

4.LGBTが特別視される時代は日本でも終わりつつあるけれど、未だに失礼なことを言う人がいるのも確か

5.なんだかんだで意外と大丈夫

 

 

http://scd.france24.com/en/files/imagecache/france24_ct_api_bigger_169/article/image/marseille-kiss.jpg

 Lesbian kiss steals spotlight at French anti-gay parenting protest - France 24

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想ディスはこちらまで。

Phil Hardison (@damnit_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

philhardisonbusiness@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube