読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Phil Hardison

「生粋のゲスがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

二重国籍者はお前にやきそばパンなんか買って来てやらない話

さてさて、ネットでは蓮舫さんのおかげでスリザリン系純ジャパ(笑)のみなさんと、その他のみなさんの対立が目に見えるようになってきてしまいました。
醜いですねー。もうそっとしといてほしいのになー。


何の罪も犯していない私たちが犯罪者扱いですわ。

 


二重国籍を罪とみなすって、どういうことか分かって言ってますか?

例えば、あなたのお母さんが栃木出身で、お父さんが北海道出身だった場合に、「父親か母親か、どっちかのルーツは捨てろ」って言われてるってことなんですよ。もっと理解しやすく言うと、「栃木の家族か北海道の家族かどっちか選んで、どっちかとは縁切れ。できないならおまえ犯罪者だから」って国が堂々と言っちゃってる状態なんですね。

そんなことありえるんですか?

二重国籍という生まれながらに持った条件を罪だと言ってのけるなんて、昔あった人種差別と変わらないじゃないですか。ヒトラーがユダヤ人迫害してたのと変わらないじゃないですか。ナチスと同じことをしているのに、全然気付いてないとか。
クソ不気味じゃないですか?
おまえ世界史の授業中絶対寝てたろ????

 


二十歳くらいの時に一度国籍選択についてパスポートセンターでしつこく言われたことがありました。
ブチギレ。
あんたみたいな赤の他人に家族のこと言われる筋合い無いけど、何様なんすかね?ってなるよね?ならないの?私だけなの?

二重国籍者に対して平気で「国籍一個捨ててこい」って言う人って「父方か母方の先祖の墓ぶっ壊して来い」って言われてやんのか?やんのかコラ?って話でしょ。
違うな。

いやでも真面目に、物理的に「母方か父方の戸籍から自分の存在を抹消してこい」っつってんのと一緒ですからね。それ、いきなり言われたらどんな気持ちします?

 

二十歳ストーリーの続きなんですが、パスポートセンターでやんや言われたり、両親が出生証明書失くしたりで、「やべえアメリカ国籍失うかもしれない」って思ったことありました。
日本生まれ日本育ちだけど、確かに私は同時にアメリカ人なのであって、それって逃げたくても逃げられない自分のアイデンティティーなんですね。
国籍に関しては純日本人の母親と純アメリカ人の父親じゃ何の助けにもならない(二重国籍に対する知識が無い)から自分で解決しなきゃいけなくて。本当に大変でした。心労が。

何度純日本人に生まれ育ちたかったと思ったか分からないし、何度ハーフだからって理由で死にたいと思ったか分からないけど、それでも、アメリカ国籍を失ったら今の自分が死んでしまうっていう恐怖感がそこはかとなく強くて、完全に参ってしまったのを覚えています。

本当にメンタルズタボロでした。

どうでもいいけどあの頃の私一番痩せてました。

戻りたい。体重だけ。

 

だって自分の半分なくなるんですよ?
想像できます?ルーツがひとつしかない方(スリザリン系)の純ジャパのみなさんには想像が難しいかもしれない。
でも、「自分の半分がなくなる。死ぬ」って感覚ってクソほど怖いんですよ。

殺人鬼が目の前に立っていて、自分が動いた瞬間に殺される。だから動けない。でも目の前にいる。みたいな。持続する恐怖です。
「得も言われぬ恐怖感」って言葉こういう時に使うの?ってくらい。

ほんと泣きすぎて全然寝れなかったの今でも覚えてますわwww

 


とにかく、私が言いたいのはですね、「やきそばパン買って来いよ~!」くらいのテンションで「国籍捨てて来いよ~!」とか言ってんじゃねーぞ、ってことですね。

国籍わりと血だから。心臓だから。目だから。クソダサいポエマーみたいな言い方したけど。そんぐらい重いから。

 

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

oneofphilhardison@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube