Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

自殺は自殺じゃない

よく言うじゃないですか。

自分の命を粗末にするなって。

おかしいと思うんですよね。

まるで自殺をする人が命を粗末にしているような言い方。

 

 

自殺なんて可愛く言ってますけど、「自殺」という言葉はあくまで物理的にどうやって死んだか、ということであって、個人的な意見ではありますが、原因を突き詰めていけば「自殺」なんてありえないと思うんです。

 

ほとんどの「自殺者」は必ず誰かに殺されているはずなんです。

 

何も理由がなくて死ぬ決意をする人なんているんですかね?

「生まれてしまった」に始まり、生きていくのがつらい、責任を果たすのが疲れる、人間関係において苦しんでいる、ただ単に生きる理由が見当たらない等、理由はいくらでもあるでしょう。

(例外として病におかされている、という理由もあると思いますが、今回の記事ではこの点については論じません)

 これらを苦にして自殺をしていく人たちを見て、多くの人が「自殺してしまった」というようにとらえている気がするのは私だけでしょうか。

 

少なくとも私は「犯人は誰だったんだろう」と思います。

なぜなら、これらの苦は必ず周りの人間が起因となって生じているからです。

 

 

「いじめ」なんて可愛く言っている残虐な犯罪行為だって同じです。いじめを苦にして自殺したんじゃない。彼は、彼女は、「いじめ」という言葉に守られた人たちによって殺されたんです

自分の命を止めることが彼らを幸せにするたったひとつの方法だった。そんな彼らを「自殺」という言葉を使うことでまるで罪人扱いすることで、これまで何人の殺人犯が刑を逃れ、のうのうと生きてくることができたのでしょうね。

 

今、自殺しなくていい環境にちゃんと身を置けてますか?

周りに置く人、ちゃんと選んでますか?

だれが逃げることは悪いことだなんて言ったんですか?

時間が解決するのを待てないなら逃げればいいし、泣きたかったら泣いたらいいし、警察に通報しても、裁判所に相談しにいってもいいと思います。

 

逆に、人を追い込んでいませんか?

あなたが思っている「当然」は、あなた以外の人にとっては当然ではありません。重荷以外のなにものでもありません。その重荷は人を殺せる凶器です。殺人犯にならないように、くれぐれも気を付けましょう。

あなたも、私も。

 

 

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

oneofphilhardison@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube