Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

アメリカ人に囲まれて働いたけど一週間で退社した話

最近ゲス感薄れてきてるんで、今回こそはゲス魂に火を付けて書いていきます。2200字くらいあります。

 

さて、私、先日とある日本語を喋れないアメリカ人社員しかいない会社にスカウトされまして、一瞬働いたんですよね。本当に、一度の瞬きの間だけ。「やばい、これは精神が病む」と思って辞めたんです、一週間で。

まさか自分が一週間で退社するとはな〜〜〜!!すごいな〜〜〜!

 

さて、いったい何があったのでしょうか。

 

 

  • 日本語が喋れないのに飛び込み営業

入社する前に見学に来なよと言われ、行ったらアメリカ人男性の社員に飛び込み営業に連れて行かれました。そして彼は言います「俺は日本語しゃべれないから、通訳してくれればいいから!」

してくれればいいから!じゃねえよ嫌な予感しかしねえよ

飛び込み先の中には「前回アポを取ってから来いと言ったのにも関わらずまたアポなしで来たんですか」と呆れられる方もいらっしゃいまして、こっちはそんな事とはつゆ知らずに平謝り、なのにアメリカ人社員はそんなことどこ吹く風で、どんどん次に行きます。

「ではまた午後出直します」とお伝えした会社にも行かない。「ではまた担当者の方にお電話差し上げます」とお伝えした会社にも電話しない。それで「数撃ちゃ当たるから」とおっしゃる。すごい!効率の悪さ界のクリスチアーノ・ロナウド

そしてシメに「今日は10社中2社話聞いてくれたな!」と大変ポジティブなお言葉。

馬鹿か?

 

  • 研修するする詐欺

入社前日、「君の為に全てが整ってるから!朝9時から研修を始めるから来てくれ!」と言うアメリカ人社員。

入社初日、朝9時に到着するも誰もオフィスにいない。「あの〜もういるんですけど」と連絡すると「やっぱ10時でいい?」とお返事が。

全然整ってねえ!!!

更に、10時に集合した社員のみなさまに自己紹介をするも、ぜんっぜん研修してもらえません。それどころか「あー君することないの?じゃあそこの書類をアレしてて」

いやいやだから研修受けてねえしアレが何か分かんねえよ初日だぞコラ。

ちなみにこんな感じで1週間研修を受けさせてもらえないまま、「なんで研修受けてねえんだよ!」と逆ギレされたことも多々ございました。

いや受けさせてないのおまえ〜!!さすがに死んで〜!!

 

  • 言ってることがパラレル

「ミスをしながら覚えればいいから」と口をそろえるCEOと社員たち私がミスする→「なんでミスをする前に聞かなかったんだ!?(怒)」→ミスをしないように質問をする→「いちいち質問してくんな!(怒)」→質問をしないで仕事する→「おい待て指示を仰ぐまで何もするな!(怒)」

よ!四面楚歌!八方塞がり!

こいつら全員足の親指折れろと思いましたね。

 

 

  • 当日に安いホテルを取りたがる

「今日から1週間泊まれる安いホテル探して」とのご指示。「週末込みで1週間連泊は無理だと思うよ」とお伝えしましたが、それでも探せとのこと。

なので、一番安いホテルをリストアップし、「抑えることはできないから予約するなら早めに返事してくれ」と申し上げるものの返事はしばらく来ず、来たと思ったら「高すぎ」とのこと。「私は言われたとおりに宿泊可能な全てのホテルを当たって一番安いホテルをリストアップしている」と主張するも「高すぎ他当たれ」と言われる

もう一度リストアップすると、もう既に先刻リストアップしていた時よりも値段が上がっており、そのうまを説明。すると「どうして最初にリストアップしたホテルを予約しなかったんだ!?」とのこと。

もう勝手にしてくれ。

 

  • アメリカ人社員たちから学んだこと

このアメリカ人たちがクズだっただけだと信じたいですが、私は以下のことを学んでしまいました。

1.嘘つきで身勝手

  基本的にこいつらが言うことは信用してはなりません。「明日までには」とかいう具体的な言葉も絶対に信用してはなりません。こいつらが「やる」と言ったことは基本的になされないし、聞いてないことばっか勝手にやります。そんで勝手にやっといて、その始末を任せてくる身勝手っぷりです。

 

 2.自分のミスを認めない

  国民性だかなんだか知らんが、こいつらは基本的に自分の過ちを認めません。なので日本人の「まあめんどくせーしとりあえず今回は謝って受け流そ」みたいな考えでいると、とことん理不尽な怒られ方や責められ方をします。その人の指示ミスなのに、なぜか従った自分のせいになる、なんてことザラです。

 

3.こっちが先にキレると良い

  前述したように、こいつらは絶対に自分たちが悪いとは言わないし、自分のミスの責任すら他人に押し付ける始末です。なので、「それはおめえ違うだろうが」「おまえがああいうことをしたからこうなったんだろうが。ナメんのもいい加減にしろ」など、こっちから先に向こうが怯むくらいの勢いでキレる必要があります。

  ちなみにこいつらは論理武装すれば一撃で倒せます。絶対に自分が正しい時は、いくら怒られても折れず、謝らず、どうして相手が絶対に間違っていると言えるのか、どうして自分は間違っていないのかを論理的に説明したら勝てますし、相手の教育にもなります。

 

 

とまあこれだけではないんですが、こういった具合に毎日毎日無茶ばかり言われるわ理不尽な責められ方するわで「やってられねえからこんな会社辞める。引き止めたらここ(7階)から飛び降りる」と言って辞めました\(^o^)/

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想ディスはこちらまで。

Phil Hardison (@damnit_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

philhardisonbusiness@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube