Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

福岡市が馬鹿やから自転車に乗れんのやけど

福岡市で自転車に乗ってる人だったら分かると思うんですが、福岡市、特に天神ってどんどん自転車に厳しくなってるんです。今まではどれだけ市や警察がエスカレートしたことをしても記事を書くことはありませんでしたが、近頃の彼らの動向があまりにも非道なので今回この記事を書くことにしました。

 

今では、暗黙の了解でノータッチだった駐輪スポットに停めていても、市に雇われた職の無い定年過ぎたおじいさん達に鍵を切られてまで取られてしまう福岡市。

これもう悪質な窃盗と変わらんやんけ。ジャイアンよりはるかに悪質だわ。

そもそも、この「自転車撤去」に関わっている人たちは、市民がどうして自転車に乗っているか考えたことがあるのでしょうか。最寄りの駅まで乗って行く為、節約として公共の交通機関に乗らない為、もしくは健康の為というのが一番の理由だと思います。

そんなことも関係者は分からない訳です。悲しいですね。そりゃ金持ちのおエラいさんたちは自転車を愛する庶民の気持ちなんてわからないですよね。車乗り回してんだか毎日公共の交通機関使ってんだかジム通いなんだか知りませんけど、そういう贅沢をしないで必死に生きている人はいるんですよ〜!聞こえますか〜!

まさか「住みよい街にする為」なんて言いませんよね?じゃあ実際に自転車を撤去することで住みよい街になったと、誰が言っているんですか?そんな決まりを勝手に決めて、高い金出して買った鍵まで勝手に切って自転車を窃盗して、それが公の組織がすることですか。たいそうご立派ですね。

「ちゃんと駐輪場に停めてください」?ハァ?その駐輪場、ちっちゃい説明書きしか書かれていない、どれだけぼられるか分からない質の悪い駐輪場ですよね?地球ロックしづらい分そこに停めてる方が盗まれ易いということも、無知な関係者さんたちはご存知ないことでしょう。

自転車撤去に躍起になるのは努力の方向が違います。撤去するための人件費やチラシに税金を使うのではなく、邪魔にならないように自転車を停めれる優良な駐輪場を設置するのが先でしょう。

日本は「禁止する」ことに重きを置く文化ですが、いい加減それでは事態は改善しないことに気づくべきではないでしょうか。

 第一、市という公の機関によって、まるで善行かのように自転車の窃盗が毎日行われていることが容認されていること自体、恐ろしくてなりません。

 

 

 

内容が内容なので頑張って丁寧に書きましたが、実際には「歩道におる邪魔なジジイどもの方が停められとるチャリより邪魔じゃボケ。てめえらクソじじいどもの為に年金払ってやっとるワシら若者から小銭巻き上げて何が楽しいんじゃコラ」と思ってます!いよ!ゲス野郎!