Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

今年こそは間違った日本に真性バレンタインを提案する

初めてこのブログにお越しのみなさん、このブログ、クソゲス野郎がとてもフレンドリーに運営しております。お気をつけて。

 

 

さて、バレンタインがすぐそこまで迫ってまいりました。

女の子はみんな男子に渡すチョコの準備に追われてるんでしょうね〜!可愛いね〜!

って言うとでも思ったか別に可愛くねえよ「手作りチョコあげちゃう女子力高めなアタシ♡」とか思ってんじゃねえだろうなモテたいなら以下を読むがよい。

 

今回は、クソ主観♡モテるバレンタインデーを提案して参ります。

まずは、バレンタインデーに関する知識を叩き込みましょう。

 

  • バレンタインデーとは

バレンタインデーというのは本来「恋人のための日」であり、男性が女性に花束をはじめ、愛を示すプレゼントをするのが普通です。

なのに、ジャパンどうしたんでしょう、女の子がチョコをあげる日・・・?いったいどうしちまったってんだ・・・。どこまで女子を蔑めば気が済むんだこの国は・・・。それで、ホワイトデーに男子がお返し?は?ホワイトデー(笑)ってwwwwバレンタインデーの本場欧米ではホワイトデー(笑)なんて存在しません。目を覚ましてください。

一時期逆チョコなんて流行りましたが、もう私は頭がパンクしましたね。

逆チョコ?えっと、女子が男子にチョコあげてる時点で既に逆なのに?それを更に?逆に?うん?それは元に戻ってる?いやでもチョコって限定されてる時点でおかしいし(以下略)

バレンタインデーとは、本来、男性から女性にプレゼントを贈る日です。いいですね?

ちなみに、男性がバレンタインの時期に女性に告白するのも通例で、「Will you be my Valentine?(僕の恋人になってくれますか?)」というセンテンスはよく聞きます。

 

 

  • バレンタインデー、こんな女子が素敵

何度も繰り返しますが、バレンタインデーは本来、男性から女性にプレゼントを贈る日です。しかし、同時に「恋人のための日」でもあります。ということは、別に女性からプレゼントを渡してもいいわけです。誰が誰に贈ろうと勝手な訳です。だから、男性からだ女性からだ言ってる時点でおかししいのかもしれません。「恋人に贈り物をあげる日」なんですから。

でも、あえて言わせてほしい!男女恋愛という狭い世界に生きているみなさん!ここからは完全に個人的な意見ですが!私は「バレンタイン贈らない系女子」が好きです。

 

私「あれ?バレンタインのチョコ配ってないの?」

可愛い女子「ん?だってバレンタインって本当は男の人から花束とかをもらう日って言うし、誰かくれないかなーって待ってます」

私「(鼻血)」

みたいな感じで、こんな可愛い女子には全力で花束持ってきます。でかいやつ。可愛い女子には。可愛い女子には。

大事なことなので何回か言いました。

 

  • バレンタインデー、こんな男子が素敵

 日本でだからこそ、本来のバレンタインデーの在り方、ってどちゃくそにパワフルなのではないでしょうか。女子諸君、バレンタインデーに突然、男性に大きすぎない花束とチョコレートなんかをスッとプレゼントされるところを想像してみてください。クッソよくないですか。

という訳で男子諸君、今年は、いや来年でもいい。

男子「はい、これ(スッと小さな花束とチョコをあげる)」

女子「えっ!何!?」

男子「今日バレンタインデーだから」

女子「でもバレンタインデーって女子から・・・」

男子「なんか本当は男性から好きな女性にプレゼントする日なんだって」

女子「えっそうなん・・・だ・・・好きな、女性・・・?///」

エンダァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアイヤアアアアァァア

でいきましょう。

 

 

とてつもなく虚しくなってきたのでこの辺でよします。

 

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

oneofphilhardison@gmail.com