読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

フランス人なんなの

コンスタントに読んで頂いているみなさん、そうです、ワシ、残念ながら、生きてます\(^o^)/

 

 周りにいるフランス人のキャラが濃すぎるので、まずはざざっと彼らを紹介したあと、彼らの国民性について書いていきたいと思います。(※全部主観)

 

 

 

 

 

▶ワシの周りのフランス人

  • 汚女子

最初は汚女子のフランス人美女。

5日間くらいなら連続で化粧はしっぱなしで寝る、シャワーから出てきた直後でもはんぱなく臭い、床に使用済みパンツやブラジャーが平気で散乱、狭い二人部屋になぜか男を連れ込む、草吸った状態で「私ゾンビに見える!?」と執拗に尋ねてくる、など、大変問題の多い子でした。また、盗癖もあり、私物が失くなったり勝手に使用されてたりなんてことはザラです。

一見ただのいい子に見えるので、精神疾患って恐ろしいなと体感させられました。

 

  • 日本オタク

現在の私のルームメイトなんですが、初日から「私日本が大好きでね!カリフォルニアのステイが終わったら日本に半年行こうと思ってるの!」「Japan Expoにも行ったよ!」と気合いばっちりのゆるふわ系女子。日本の話をする時はだいたい「Gacktやばくない!?ねえGacktやばくない!?私が初めて触れた日本のものってGacktの曲でね!!」に終着します。

態度も日本人向きで、なんでも許可を求めてから行動してくれるし、朝早くや夜遅くには忍者スタイルで音を殺して行動してくれます。

ただ、食器は一生洗いません。

ついでに、「青のドレスと黒のドレス、どっちがいい?」という質問をしてきたことがあって、私が「青」と答えると「でもさ、黒の方がよくない?」と反論してくる典型的な女子です。

じゃあ聞くなよwwwwww

 

  • 元気しかない

この子についての相談をなぜか私がよく受けるのですが、人は言います、「ねえあの子喋ってる途中なのに走ってどっか行くんだけど・・・」

元気が有り余ってます。いいことです。

彼女の部屋と私たちの部屋を行ったり来たりするのが日課で、毎日違うアメリカンボーイを部屋に連れてきます。

元気が有り余ってます。いいことです。

 

  • パリピ

私と同じ年くらいで、私に比べると英語が拙い彼は、なぜかハリウッドにコネがあり、毎日のようにどこかしらでパーティーしています。

一度彼にパーティーに誘われたことがあります。私の学校のフランス人なんてのはあらかたフランス語圏同士で固まって、他言語圏の人が居ても平気でフランス語で喋るので、「どうせフランス人だけだろうが行かねえよwww」と言ったら「スウェーデン人もいる!大丈夫!!19時に集合ね!」とのことだったので19時に集合すると、もちろん時間通りにいるのは日本人である私だけで、結局全員が揃ったのは19時半でした。

そして結局全員フランス人だったんですけど。

スウェーデン人なんてどこにもいねえじゃねえか。

結局彼らは終始フランス語でしゃべり続けるわ、コネのおかげでパーティー会場に入れた未成年(21歳未満)が堂々と草巻き始めるわ、パーティーに誘っといて私のことはほったらかしだわで、軽くフランス人恐怖症になりました。

 

▶彼らの驚くべきギャップ

ずるっずるでだるっだるの彼らなんですが、人種差別のことになると話は別で、突然キリッとします。

アメリカでは、地域によって人種差別は根強く残っていますし、私が住んでいるカリフォルニアには世界中から人が集まるので誰がどこから来たとかいちいち気にしてないのですが、それをジョークにすることはよくあります。

例えば、誰かが少し真面目な話をした時に「ドイツ人かよwww」と言ったり、計算する場面で東アジア人をにやにやしながら見つめたり、ムスリムの生徒がしょうもないジョークなんかを言った時に「おい今のハラムやぞwww」と言ってみたり、頭のいい人達になればなるほど、そういうジョークを言います。

でも、ほとんどのフランス人は絶対に言いません。

中には教養のないフランス人がアジア人を馬鹿にしたり、アラビア人を馬鹿にすることもありますが、頭が悪いのが明瞭なので特に気になりません。彼らに馬鹿にされた時の為にクソみたいなフランス訛りを習得しておくと便利でしょう。

 

彼らにそのことについて尋ねてみると、情熱的に教えてくれました。

 

「そもそもフランスにはミックスが多いから、差別なんて仕様がないよね。私だってモロッコとフランスとのハーフでムスリムだし、あの子もチェコとかポーランドとか混ざってるし、それが普通だから、そこを差別するって発想が今更ないわ」

「こっちではあんまり見かけないけど、黒人とブロンドの白人の女の子のカップルとかいっぱいいるよ。ただどうしてか分からないけどフランスではたまにアラビア系の人が差別されることがあって、それが私はいやかな〜」

「アメリカ来てびっくりしたよ。こんなに世界中から色んな人がいるのにまだ黒人がどうとかアジア人がどうとか言ってんの?マジ無理だわ。こちとら黒人を黒人って呼ぶことすら違法なのに。

 

 

あー、すげーわ。

 

 

 

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

Phil Hardison | ask.fm/phil_hardison