Phil Hardison

Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

青のドレスが白に見える理由が分かったよ!!

 

いや〜昨晩から、海軍からの「このドレス何色に見える!?」ってLINEに始まり、今日もまだまだドレスの話盛り上がってますね〜。

世紀末救世主ハーディソンが終止符を打ちに来たぞ。

私も色々聞いて回ったんですが、白と金に見える人:青と黒に見える人:青と金に見える人、2:3:1くらいでいました。

ちなみにこのドレス、実際は青と黒のドレスです

 

ほんで昨日仕事中に調べたんですけど、下記サイトが一番わかりやすかったです。たぶん。知らんけど。


Why Your Brain Thinks That Blue Dress Looks White - Forbes

 

脳は光によって本来の色が明るく見える(違って見える)ことが無いように、勝手に補正をするらしいんです。脳が青を軽減させる形で補正する人にはドレスが白く見える。「青色を、影として排除している」らしいよ!!!!!!

逆に、脳が白や金を軽減させる形で補正をする人は、ドレスが青と黒に見えてるんですね。

 

ちなみに、下記サイトにはこんなことも書かれてます。


Dressgate: the science of why THAT blue dress looks white - Telegraph

 

「人間は進化するにつれて、青色を影として認知するようになりました。日光よりも、空の青色が対象に反射して実際の色が見えなくなるのを防ぐためです。」

また、このようにも書かれています。

色盲とは関係なく、色覚の問題であり、白に見えるという人には実際に白に見えているのです」

 

白に見える人は、単純に画像が明るいところで撮影してあったり、見ている画面が明るかったり、といった理由で薄くなった青色を脳が影として認知した結果白く見えとる、ということみたいです。

 

あなたが今見とる画面も「ブルーライト」なのに白く見えとる。そういうこっちゃ。

 

だから青く見えるからおかしい、白く見えるからおかしい、みたいなことはなんもないです。ただの個人差です。

なんか頭良さそうな文が多くて疲れた。お疲れした。今日も仕事頑張ろうね!!!!!

 

-------------------------------

コメント欄に直接返信できないので、鈴木雅之のみなさんはPhil Hardison (@phil_hardison) | Twitterまでどうぞ。

 

▼追記▼

世界中で一斉に盛り上がったのは、人種も言語も関係なく人間をいくつかに、くっきりと分類できる方法がぽっと出てきたからじゃないでしょうか。「なんでおまえの肌は黄色いの!?」「なんでおまえの目は茶色なの!?」ぐらい不毛な争いな気がする。今歴史的な何かを目にしている気がする。