Phil Hardison

「生粋のクズがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

「そんぐらい考えたら分かるだろ」←wwwwwwww

 

いませんか、叱る時に「そんぐらい考えたら分かるだろ」って言う人。分かんねえからこの結果になってんだろうが。そんぐらい考えたら分かるだろ。

 

1段落目で既に殺せた感はありますが、まだまだ叩きます。ミンチにします。

(※「そんぐらい考えたら分かるだろ」を言ってくる人は本当に頭が悪い人です。基本的にあなたより頭が悪いので、優しくしてあげましょう。)

 

担任の先生も、部活の顧問も、先輩も、上司も、あなたがミスをした時には口をそろえて「そんぐらい考えたら分かるだろ(以下「そん分か」)」と言いませんでしたか。

あなたはそれに応答する時、怒られない「正答」を考えます。なぜなら、「正解を言わなければならない」という強迫観念があなたに染み付いているからです。「そん分か」と言う人たちの中にはいつも、ひとつの正解があります。彼らは、準備している正解と違うことを言われたりされたりすると激昂し、「そん分か」を発動させるのです。そんなむちゃくちゃなことがありますか。おまえの考えなんか読める訳ねえだろアホがデスソースでうがいでもしてろよ。

彼らは「考えたら分かる」と相手の考えを聞いておきながら、それが間違っていた場合には「そうじゃない!」と叱りつけ、自分の思う正解にたどり着くまで叱り続ける。これは洗脳となんら変わりません。何が怖いって、感情的に洗脳しにかかっている馬鹿が馬鹿だから自分が人を感情的に洗脳しようとしてるってことに気付いてないってとこです。マジキモい。ピッチングマシンにこんにゃくを入れて100キロくらいで顔にぶつけたい(チェンジアップ)。

そんな「そん分か」を言う人とはいったいどんな人なのか。頭の悪い上に、ひどく自己中心的な人です。なぜなら「そん分か」は「オレの心くらい読めよ」と言ってるのと変わらないからです。「ん???あ、あなたミュータントなんですかwwwwww心とか読めるタイプのwwwww気付いてなかったらいけないので言いますけどwwwwww実は普通の人間って人の心読めないんですよwwwwwww」ってなってもおかしくないです。むしろそう返事してやってもよいのではないでしょうか。

 

悪口書いてるだけで文章が一向にまとまらないので、とりあえず「そん分か」発動者がどうして頭が悪いといえるのか、その理由を列挙してみます。

1.「オレが考えていることが世界の理」と思い込み、自分を新世界の神だと勘違いしている。

2.自分以外の人は自分の気持ちや考えを汲み取れて当たり前、言わずとも分かって当たり前のミュータントだと思い込んでいる電波

3.考えさせるだけ考えさせて答えを教えないのは、自分でもどうやって答えを説明したらいいか分からないから、という知能の低さっぷり

4.それ以前にどうしてそんぐらい考えたら分かるのかに関しては説明できない知能の低さっぷり

 

なるほど、やっぱり頭の悪い自己中で間違いないですね。

さて、この「そん分か」さんたちを撃退するためにはどうすればいいのか。「そん分か」を食らった時の反撃手段を考えました。

 

  • 仕事でミスをした時

上司「そんぐらい考えたら分かるだろ!」

あなた「考えて分からなかったのでミスをしました。すみませんでした。今後このようなミスをまたしないように、私はどうすればよかったのかを詳しくご教示をお願い致します(目から養命酒飲め)」

 

  • 悪いことをして先生に怒られた時

先生「そんぐらい考えたら分かるやろうもん!」

あなた「そうやって指導から逃げてんじゃねえぞ。考えて分からなかったからこうなってんだろうが。そこを指導するのが教師だろうが。どう指導するかって、どうしていけないのかを俺が納得できるように論理的に説明するしかねえだろうが。そんぐらい考えたら分かるだろ」

 

  • 部活の顧問になんか知らんけど怒られた時

顧問「そんぐらい考えたら分かるやろうが!」

あなた「はい!!分かりません!!!」

 

  • とにかく相手が嫌いだった時

嫌いな人「そんぐらい考えたら分かるだろ」

あなた「じゃあ聞くけど私が今何考えてんのか分かんのかよwwwwww(おもむろにスライムを顔面に叩きつける)」

 

-------------------------

ちなみに、この「そん分か」タイムは人生で一番無駄です。その言葉を聞いている時間も、答えを考えている時間も、その言葉を発した人間と一緒にいる時間も、全てが無駄です。そんな時間あるならフラフープしてる方がよっぽど有意義です。ですので、いざとなったら上に記した方法で撃退してみてください。

その後どれぐらい怒られたかの報告はコメント欄かPhil Hardison (@phil_hardison) | Twitterにどうぞ。