読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Phil Hardison

「生粋のゲスがブログを書くとこうなる」というのがよく分かるブログを目指しています!

「家庭に問題がなかった人」と「家庭に問題があった人」は相容れない

インターネット普及率90%超えの国日本。

いいですね、ありがたいですね、裕福ですね。

 

そんな裕福な私たちの性格を大きく二分するのは「家族の在り方」じゃないでしょうか。家庭内でトラブルのあった人たちは、きっとこれを感じる場面が多々あったことと思います。

 

 

例えば、AさんBさんがいるとしましょう。

Aさんは仲のいいお母さんとお父さん、姉と弟がいます。

家庭内で特にトラブルがあったことはありません。

中学高校とバレーボール部に所属し、家族ぐるみで仲のいい友達もたくさんいます。

経済的にも問題なく、姉も自分も海外に留学に行きました。

ちなみに弟は高校で部活に励んでおり、時間が合うときは家族で応援に行きます。

 

ではBさんはどうでしょう。

Bさんは一人っ子です。

物心つく前から父親は不倫をし、家の壁にはアルコール中毒の父が空けた穴がありました。両親はまだ何も分からないBさんの親権を取り合い、結果、経済的にも安定した母親がBさんを引き取り、両親は離婚します。

しかし、母親は仕事に明け暮れ、Bさんは家にずっとひとりで育ちました。

母親は何も教えてくれなかったので、中学校までいじめられながらコミュニケーションを学び、高校大学でようやく友達と言える友達をつくり、普通の生活を送れるようになりました。

 

さて、このAさんBさんが高校で同じクラスになったとします。

この二人は仲のいい友達になるのですが、Aさんにはもっと仲のいい友達や仲間がいるし、BさんはAさんのことは好きですが、心を許している訳ではないし、常に一緒に行動しようという気にもなりません

 

二人は仲良しですが、波長が全く違うのです。

 

 

Aさんは大学に入り、アルバイト先や社会人になってからの仕事仲間とも仲が良く、よく一緒に遊びに行きます。

Bさんは、大学の友達は大学の中だけ、バイト先も、社会人になってからも、職場とプライベートは比較的切り離して生活しています。

 

AさんもBさんも、恋愛や仕事、人間関係で悩みます。

けれど、この二人の悩み方には決定的な違いがあるのです。

 

Aさんは、「どうしてこの人ってこうなの?」「普通あんなこと言わないでしょ、最低」「なんで私が嫌がってるの分かってくれないの?」といった悩み方をします。

一方でBさんは、「この人を変えるのは無理だ、対処しようにもしきれない、どうしよう」「よく考えればきっと自分が悪かったんだ、どうすればもう一度仲良くなれるだろう」「この人とはどうやって距離を置けばいいんだろう」といった悩み方をします。

 

Aさんは、現状に対する不満に共感してほしいし、解決というよりも、相手の悪い点に呆れ返って嫌いになってしまい、その嫌悪感に耐えられません。

Bさんは、現状に対する不満の原因は何か、どう解決すればよいのかを考え、自分にとって一番良い答えを出そうと四苦八苦します。

 

完全に個人的な意見ですが、家庭内に問題のなかったAさんの人は、悩みや問題の捉え方が表面的、かつ感情的なので、それを聞いてくれる人さえいればどうにかなります。特にこれといった解決を求めていない、もしくは自分が解決せずとも周囲や時間が解決してくれるのを知っているからではないでしょうか。

 

しかし、Bさんのような家庭に問題のある人は、問題に直面すると、感情を押し殺して、問題そのものよりも、問題を抱えている自分を論理武装で救おうとします。それは傍から見ると冷静に問題に立ち向かっているように見えますが、実は彼らなりの最大の防御なのではないでしょうか。

 

 

以上のような違いがあって、「家庭に問題がなかった人」はその人たち同士で、そして「家庭に問題があった人」はその人たち同士で仲良くなります。

そして家庭に問題があった人たちは仲良くなった後で気付きます。「あれ?私たちみんな、家族なんか普通じゃないね?」と。

 

簡単に言うと、Aさんには家庭に問題がなかった友達がたくさんできてBさんには家庭に問題があった友達がたくさんできる、ということです。

そしてAさんのグループとBさんのグループは、恋愛観や人生観、妥協点など、グループの中で色々と波長が合います。だから居心地がいいんですね。

 

何が言いたいかというと、家庭に問題がなかった人と家庭に問題があった人は、表面上は仲良くできますが、深いところでは必ずと言っていいほど波長が合わないのではないか?ということです。

 

人間関係で何かもやもやする壁を感じたら、もしかするとこれが原因かもしれません。

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

oneofphilhardison@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube

期限付き交際を全力で推奨したい件

契約結婚と言えばドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が記憶に新しいところかと思いますが、今回は契約交際ならぬ、期限付き交際について全力でプレゼンテーションさせていただきます。

いいか、私は本気だ。

 

 

そもそも、恋愛とか、お付き合いとか、結婚とか、そんな定義に個人差あるクソ曖昧なことに、真剣に悩んで取り組む価値があるか?

特に日本って駆け引きタイム異常に長くないですか?それとも私がたぶらかされすぎてるだけですか?遊ばれすぎてるんですか?モテなすぎるんですか?

クソが!!!

そんな事実は置いといて、付き合う/付き合わない、好き/嫌い、セフレでいい/やだ、みたいなのを、どんだけ時間かけてやるんですか?っていう。

現実にこれ解決しようと思ったら1時間でできるわけですよね?これをなぜかこの極東の国ジャパンでは何ヶ月もかけますよね?おい?なんだ?どうなってる?(パニック)

 

 

そこで私が全力で普及させたいのが、別れる日を先に決めておく、期限付き交際です。

「あ、この人いいかも」と思う、ビリッとくる、みたいな、スパークが見える、みたいな、そういうのがあればすぐに、1ヶ月でも、3ヶ月でも、半年でもいいです。終わりが見えるからこそ楽しくて充実させられることってあると思うんです。終わりが見えるからこそ「好き」は伝えておかないといけないし、「いやだ」も言っておかなきゃいけない。かなり捗るタイプの交際(恋愛)ができる、という訳です。

ちなみに更新は可能です。たとえば1ヶ月の期限付き交際であれば、2月1日に付き合い始めるとして、3月1日が交際終了日。1ヶ月全力で楽しみ、3月1日に更新するかしないかを決める。

たぶん、更新日/終了日が一番億劫です。

でも、別れるムードを何週間と続けたり、好きじゃないのに付き合い続けるよりも、ドチャクソに精神衛生上よろしいし、効率がいい。時間も無駄にしませんし、将来に対するプレッシャーもありません。

最高やないっすか。

 

もうだから私は契約書みたいなの持ち歩きたいんですよね。

・三ヶ月後(◯月◯日)に交際の停止もしくは継続を決定する

・ヘルス代は彼女が支払う(上限:月3万)

FacebookSNSにはお互いの名前を出さない

とか書いてるやつ。

 

 

恋愛体質な人だと、「あたしのこと大切にしてくれないとやだ><」とか色々抽象的な要求が多いと思うんですけど、私みたいなのはわりと淡泊なので、相性と都合がよくて、お互いにメリットがあればもうそれでよくね?と思うんですよね。

現実は少女コミックや月9や映画とは違うんで、「恋はするものじゃない、落ちるものだ」とかいうクソみたいな言い分通用しないと思いますし、恋なんてしようと思えばできる訳じゃないですか。結局恋って自己洗脳みたいなとこあると思うので。

そしてなぜか、恋に振り回されて傷付け合うことを神聖視して「良い恋愛」みたいに言うじゃないですか?そうやって時間を無駄にしたい人はどんどんしてほしいんですけど、そんな人ばかりじゃないじゃないですよね?クソ駆け引きタイムがクソ邪魔くせえ人たちもいますよね?

 

そういう人たちはそういう人たち同士で、この期限付き交際をして、時短でバンバン楽しい時間を過ごしたらいいと思うんです。絶対楽だから。

というか、なんにせよ私はクソ駆け引きなんかで時間を無駄にしたくないし、終わりがない付き合いとか重くて無理なのって私だけなんですかね?

だって体裁上も「私たち付き合い始めました♡」より「私たち3ヶ月で別れます♡」の方がいいですよね?それで「え?3ヶ月経ったよね?まだ付き合ってんの?」ってなる方がよくないですか?付き合うって結局ソーシャルステータスみたいなところあるので、そんぐらいの方がみんなに優しいと思うんだけどなあ・・・。

 

ということで、みなさん、期限付き交際、しません?

 

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

oneofphilhardison@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube

【モテない女全集】絶対に彼女にしたくないビッチたち

モテない女全集 日常/愚痴/文句

お久しぶりですこのシリーズです。

シリーズ前回と前々回はこちら。

 

philhardison.hatenablog.com

philhardison.hatenablog.com

 

 

さて、では行きましょう行かせてください。

 

 

  • やたらタグ付けする

なんで?????

なんで無許可で盗撮画像にタグ付けすんの???

『この焼肉屋最高♡ -◯◯さんと一緒です』

 

要る!?!??!?

『-◯◯さんと一緒です』要るの!?!?!?

焼肉行った点だけでよくない!?!?

なんでいちいち意味ありげに巻き込むの!?!?

やめてもらっていい!?!?!?

という訳で、いちいちタグ付けしてくる女、ホラー方向の気持ち悪さがありますね。

友達なら全然いいんですけど、露骨に「そういう関係です」感を出しながらのタグ付けが本当にゲスいし気持ち悪い。

何よりゲロだせえ。

周りに「この人は私のものだから」「私はこういう相手いるから」って示そうとしてる必死感が本当に格好悪い。

こんなクソダサい女、絶対に彼女にしたくないですね。

 

 

  • 彼氏の名前を使う

彼氏の顔に泥を塗る系彼女、最悪ですね。

もし偶然手に百科事典を持ってたら全力で顔面殴りますね。

例えばですよ、彼の常連のお店に「◯◯の彼女ですけど?サービスは?」くらいの態度で来店する女とかいますけど、絶対に精神疾患ですよね?正常の精神状態じゃそんな態度取りませんよね?

言っとくけど、贔屓にされてんのは男の方であってお前じゃねえから。

お前に価値ねえから。

覚えとけゴミ。

 

 

  • SNSに意味深な文章を投稿したがる

「ストレス。つらい。」

「人にゎめっちゃ反対されたけど、決めた!がんばる!」

「好きかも♡」

はい100%めんどい。

むしろこんなに自分がめんどくさいことアピールして、何を得たいのかが気になる。

「ストレス。つらい。」とか、何のストレス?どうつらいの?どう解決しようとしてるの?読んでるこっちにどうしてほしいの?「大丈夫?」って言って欲しいの?

もうそれ「大丈夫?って聞いて」って言ってくれた方がいいんすけど。

アレだろ。5W1Hとか知らないだろ。国語めっちゃ赤点取ってただろ。

こういう情報小出しにして、回りくどいことして、人から心配なり何なりされて構ってもらおうとするタイプのクソめんどい女、付き合ってもろくなことしないと思うんで絶対に彼女にはしたくないです。

 

 

  • 演技性パーソナリティ障害

精神疾患\(^o^)/

  • 自分が注目の的でないと楽しくない。そのために話を作り出したり、騒動を起こすこともある。
  • 不適切なほどの誘惑的、挑発的な性的な行動があり場面を選ばない。
  • 感情の表出がすばやく変化しそれは浅薄である。
  • 注目をひこうと身体的な外観を用いる。
  • 印象的だが中身のない話し方をする。
  • 他の人から見ると芝居がかったような演劇的な表現を行う。
  • 被暗示性があり、その場面や流行に影響されやすい。
  • 他者を実際以上に親密とみなし、知人をかけがえのない親友のように言ったり、会っただけの人を下の名前で呼んだりする。

演技性パーソナリティ障害 - Wikipedia より抜粋 )

すごい!!!関わることで不利益しかない!!!!

 

ちなみに私、一度、演技性パーソナリティ障害の疑いがある友人に「本当に病院で一度見てもらったほうがいいんじゃないか」と提案したら、「はあ?ありえんしー!そんな訳ないやーん!(笑)」と言われました。

 

具合わりい。

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

oneofphilhardison@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube

【クラブ/バー/レストラン】弾丸バリ【わ〜!オーストラリアだ〜!編】

さて、地獄の交通手段トラップ編の続きです。

今回も面白さとかは無しでいきます。

この記事でも交通手段についてのことが書かれていますが、詳細は下記リンクからどうぞ。

philhardison.hatenablog.com

 

 

さて、今回はバリ島民の友人たちに子守してもらったので、現地の人もよく知ってるバーやクラブへと連れ回してもらいました。

とりあえず行ったところや聞いたところを片っ端から紹介していきます。

 

まず手始めに、いったいどのエリアに食事に行って、飲みに行って、夜遊びに行けばいいのかを簡単に説明させてください。

スミニャックというエリアに行けば間違いないんですが、そこでもふたつの通りがあって、そこですべてがコンプリートできます。

 

▶Kayu Aya通り(Kuta内Seminyakエリア)

バリで遊ぶならSeminyakエリア、というのはお決まりなんですが、中でもKayu Aya通りという通りには人気のレストランやバーがしこたま立ち並んでいます。

何日も遊べる夜があるのなら、この通りで1日ハシゴしまくってもいいレベルです。

ちなみにこの通りに入ると、「ん????いつの間にオーストラリア入国した?????」ってなるレベルでオーストラリア人しかいません。

バリはオーストラリアの真上にあるので、とにかくオーストラリアから学生の大群が押し寄せます。

そのせいで、Kutaエリアはバチーンと物価が上がるんですね。Kutaで夜遊びする時は日本で遊ぶ以上にお金を用意していった方がいいです。Kutaエリアでは現地人価格と観光客価格があって、現地人の友達と行っても観光客価格を取られます。間違ってオーストラリアに来たと思って遊んでください。

 

さて、それでは具体的にどんなお店があるのか。

実際に行ったお店や、現地人の友達にすすめられた場所を紹介します。

(※どこに行っても日本語は通じません。英語やインドネシア語を喋れる人、もしくは現地の友達と行くのが安全です)

 

 

  • Ultimo Italian Restaurant

「ぶっちゃけインドネシア料理は舌に合わねえ、ただうまい飯を食わせろ」という方にはおすすめの場所。比較的安く、そして美味しくいただけます。

とにかく料理が美味しいし、雰囲気もいいし、かなりおしゃれです。

「あっ!うっかりオーストラリアのイタリアンレストラン来ちゃった!」ってなります。

カオス。

とりあえず、インスタグラム映えすること間違い無しっぽい感じでした。知らんけど。

 

  • Rumours Restaurant

こちらには行ってないんですが、現地人の友人が「この辺で一番ローカル(現地人)にも人気のレストラン」とのことでした。

結構並んでいたので、並ぶ心の準備をして行くといいと思います。

 

  • Champagne Bar Red Carpet

文字通りシャンパンバーです。

入った瞬間に「あれ?パスポートいらない感じ?」ってなること必須のオーストラリア具合です。現地人もアジア人もほぼ皆無です。日本人が入っていったら間違いなく浮きます。

今回は2軒目としてRed Carpetに行った訳ですが、シャンパンバーということで現地の友人と4人で2回モエを入れました。ビデオ撮影やら写真撮影やら花火やら何やらで、店員さんがとにかく大騒ぎします。

そして、シャンパンを頼むとオイスターやらなんやらとおつまみも延々と出てきます。

 

  • La Favela

Kayu Ayaで一番人気のクラブです。

Tinder使ったらだいたい「今日La Favela行く?」ってメッセージ飛んでくるレベルで人気です。

セキュリティーさえ突破すれば、IDチェックもチャージもかかりません。

入ればすぐに「わ〜!!オーストラリアだ〜!!」ってなります。

「こいつらなんでオーストラリアからパスポート使ってオーストラリア来てんだろ〜!」ってなること間違い無しです。

オーストラリア人客の中には「なんでここオーストラリアなんだろ・・・」ってテンション下がってる人も少なからずいます。

 

アジア人はほとんどいません。

いたとしても端でじっとしてる感じなので、ぐいぐいフロア攻めてください。なんか負けた感じするんで。

 

あと、お酒が高いので気をつけてください。

Kutaエリアのクラブではどこでもそうですが、メニューに乗っている料金+10%がサービス料や税金として請求されるので注意です。

安く済ませたかったら入国時に空港の免税店で酒でも買って、ホテルでひっかけてほろよいで出て来るといいんじゃないでしょうか。

 

 

▶Legian通り(Kuta)

レギャン通り、というのは、福岡で言う親富孝通りです

うっせークラブやバーがぎっちり立ち並んでいます。

親富孝が比にならんくらい、とにかくうっさいです。

夜遊びしにレギャンに行く際の交通手段や注意事項は冒頭に貼ってある『地獄の交通手段トラップ編』を読んで下さい。

スリなんかが横行しているらしいので、気をつけて行ってください。

見た目から面白そうなクラブやバーがあるはずなので、この通りに入って自分で行きたい店を探すのがいいとは思いますが、2軒だけ紹介させてください。

 

  • Sky Garden

ビルまるごとクラブです。

階によってかかってるジャンルが違う的なアレですが、EDMフロアの盛り上がりが具合悪いレベルです。

ジャケット持ってると入れない(預ける人列に並ばされる)のでジャケットは脱いでから行きましょう。

もちろんここもオーストラリアです。

ゲストDJまでみんなオーストラリア人という徹底っぷり。

そして上裸のイケメンオーストラリア人学生がいっぱいいます。

本当にありがとうございました。

ビッチの現地人たちもいます。ただ日本人はまずいません。

私は現地人の友達と行ったので問題ありませんでしたが、とにかく十二分に色んなことに気を付けて行ってください。

 

  • Vi Ai Pi

Sky Gardenのお隣にあるクラブ。

行ったことはないんですが、こちらは比較的現地人のお客さんも多い様子。

現地の人に「おすすめは?」と聞くと、このクラブを言われることが多かったです。

でも実際はクラブというよりも、クソうるせえダイニングバーといったところでしょうか。

 

  • その他

その他知名度の高いクラブとして、Bounty、MBarGo、Eikon、101 Rooftop等があるみたいです。詳しくは以下を参考にされるといいかもしれません(全英語)。

10 Best Nightlife in Legian - Best Places to Go at Night in Legian

 

 

▶Kuta内Seminyakエリア

 

  • Potato Head Beach Club

少し外れたところにあることから、今回の旅では行くことができなかったんですが、現地人の友達ゴリ押しの一軒です。

次バリに行くことがあったらぜってえ行きてえ。

 

 

 

 

--------------------

という訳でマジオーストラリアの実像を見たい方はこちらのYoutubeからどうぞ。

youtu.be

 

 

 

記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

 

日常はこちら

Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

 

ご連絡はこちら

oneofphilhardison@gmail.com

 

血迷った結果はこちら

Phil Hardison - YouTube

弾丸バリ【地獄の交通手段トラップ編】

5年くらい会ってない韓国人の友人からFacebookにメッセージが来ました。

友人「ねえねえ12月の私のバースデーパーティー来ない?」
私「どこであんの?」
友人「バリ
私「いっとこ

ということで2016年12月頭、弾丸でバリ行ってきました。
 
交通手段がトラップすぎたので、2017年にバリをお考えの方、是非読んでってください。
ちなみに特に面白くないので、お願いだから期待しないで。
 
     
    • 空港トラップ

    デンパサール国際空港からご自身のホテルまではタクシーを使う必要があります。なぜなら空港ではUberがとまってくれないからです。

    そこで、ぼったくりタクシーとそうでないタクシーを見分ける必要があるのですが、ブルーバードタクシー、というものを探してください。

    青色の車体にブルーバードのマークがついているのが目印です。

    といっても、ぼったくりタクシーも青色の車体で、ブルーバードのマークつけてます

    うんトラップのクオリティーがえぐい。

     

    ぼったくられると言っても1000円から2000円くらいで、あとは普通に乗せてくれるので、それぐらいの出費が痛くない人はぼったくりタクシーに乗って問題ないかと思います。

    ん?うんそう私はぼったくられたよ!

     

    空港にタクシーカウンターがあるんですが、そこに歩いてったら、カウンター横で待機してたブルーバードっぽいシャツ着てるオッサンが「はいタクシーね、はいこっち」みたいな感じで手慣れた感じで親切に車まで案内してくれたものの、車体がブルーどころかシルバー、かつメーターすらついてねえ。「タクシー」って書かれただけのただの車に乗せられ、ぼったくられたのが私です。よろしくおねがいします!!!

     

    うんトラップのクオリティーがえぐい。

    私まだレベル10なのにダンジョンレベルが90なんだけど。

    そういうの先に言ってくんないかな。

    「▶このダンジョンはレベル90を超えないと入れません」

    的なアレ言ってくんないかな。

     

    じゃあどうすればぼられないのか。

    簡単です。

    声をかけてくる現地人は全員無視してください。

    うっかり無視できなかった場合は、「Do you have a meter on your taxi?(あなたのタクシー、メーターついてます?)」と聞いて、向こうからNoと言わせましょう。

     

    じゃあどうやって安全なブルーバードタクシーを見つけるのか。

    後部ガラスに www.bluebirdgroup.com とプリントしてあるのが本物のブルーバードタクシーです。

    それ以外の青色のタクシーや、鳥のマークがついたタクシー、「ブルーバード」と書かれたタクシーはすべて偽物です。

    うんトラップのクオリティーがえぐい。

     

     

     

       

      Uber X(乗用車)を利用する際は、合わせてWhatsappをダウンロードしておきましょう。

      ドライバーからそこに必ずチャットが飛んできます。

      また、Uberはバリの観光客エリア(特にクタ)では肩身が狭いらしく、百発百中で『Uberってことは誰にも言わないで』と要求されます。

      私は今回クタ・ウルワツ間でUberを利用したのですが、案の定『Uberってことは誰にも言わないでロビーで待ってて』とWhatsappに連絡が来ました。

      なにこの秘密の取引感!!

      なにこのスパイ映画感!!!!

       

      『日産ジュークが来たら、それに乗り込んで。ただUberということは絶対に言わないこと』

      どうしよう興奮してきた。

      日産ジュークがエントランス前に入ってきたのを確認し、助手席のドアを開けて「ハーイ!!」とまるで友達と合流するかのようなテンションで乗り込む私・・・!

      なんだろうこの演技してる感!!

      高まる!!

      なんかハリウッドっぽい!!!

       

      ということで、ここからウルワツまで行くのですが、ドライバーが私に「ウルワツではUber拾えないと思うから、僕が待ってようか?」と提案してくれます。

      好き。

       

      という訳で、クタからウルワツまで1時間強、選曲が最高なUberドライバーDJと疑似ドライブデートを楽しみます。

      ウルワツに行ったあと、「帰りパダンダンビーチ寄ってく?」と提案され、マジデート。

      そんな口車に乗って大丈夫か?って思うかもしれませんが、大丈夫でした。

      私、今回ウルワツ寺院までUberで行ったんですが、帰りに渋滞にはまって往復4時間、2234円。

      f:id:PhilHardison:20161214113156j:plainf:id:PhilHardison:20161214113212j:plain

      やっす。

       

      ホテルから遠方に行くのには俄然Uberがおすすめですが、空港には絶対にとまってくれないので、空港を出発する時/空港に向かう時はブルーバードを使ってください。

       

         
        • 渋滞トラップ

        前の項でもさらっと触れましたが、バリは本当に渋滞がえげつないです。

        徒歩で15分あれば行ける通りも、車で行くことで2時間以上渋滞にはまる、なんてことも全然あります。

        福岡で例えると、西通りのアップル前から親富孝のTwo Dogsまで車で2時間以上かかる感じです。

         

        ジモトークをブチ込んでしましましたが、とにかく、特に夕方から深夜にかけて必ず渋滞します。

        長距離移動ではない場合、荷物が少ない場合、晴れている場合は、Uber Xやタクシーなど、乗用車の利用はおすすめしません

        その変わりに、Uber MOTOR(Uber Xと同じくUberアプリで呼べます)、もしくはGO-JEKという地元民愛用の原チャリタクシーを呼べるアプリを使ってください。

        くっそ早いです。夜ご飯やクラブに出る時は、モーター一択と言っていいと思います。

        ただ、モーターを使う時は車の間を縫っていくように運転するので、度胸がある方だけ行きましょう。そうじゃなかったらもう歩きましょう。

         

           
          • 現地人トラップ

          最初にも述べたとおり、声をかけてくる現地人は絶対に無視してください。

          モーターに乗せてぼりたがる現地人はもちろんですが、それ以外でもです。

           

          現地人「ダーリン!ダーリン!!ダーリン!!!ダーリン!!!!

          ワシ「あーうっせー誰がダーリンじゃ気安くダーリン呼んでんじゃねーぞゴミ(大声)」

          現地人「ジャパニーズ!ダーリン!ライド?モーターバイク?コンニチハ?ライド?

          ワシ「ぶっこr」

           

          みたいな感じで煽りに乗っかるとずーっとついてくるので、心の平安の為にもただひたすら無視しましょう。

           

           
          • おわりに

          運転がとにかく荒いバリの人々なので、それをアトラクションだと思って楽しんできてください!

           

          【わ〜!オーストラリアだ〜!編】はこちら。

           

          philhardison.hatenablog.com

           

           

          記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

          Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

           

          日常はこちら

          Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

           

          ご連絡はこちら

          oneofphilhardison@gmail.com

           

          血迷った結果はこちら

          Phil Hardison - YouTube

          デート相手の考え方を一撃で知る2つの質問

          初めてのデートで、他愛のない話とかしますよね。

          「このパスタおいしいね~」とか、「今週の月曜から夜更かし見た?最近桐谷さん見ないよね~」とか、「石原さとみクソ可愛くね?」とか、そういう・・・

          やべえ普通の人がデートでどんな話してるか分かんねえ

           

          よく考えたら初デートで「将来の夢とかある?」って聞かれて「ベルギーで死ぬこと」って答えてデートを葬式状態にするのが特技の私に普通のデートが分かる訳がなかったわ。

           

          しかし!

          そんな私だからこそ、突きつめていくと結局この2つの質問で相手のことだいたい分かる、と分かってきたのです。

           

           

          1.好きな音楽

          定番中の定番ですよね。

          こんなん言われんでもわかっとるわ、と。

          しかし。

          改めて言いたいくらい、音楽の相性ってクソ重要じゃないですか?

          音楽の趣味が100%一致することって、簡単そうに見えて中々ないことですよね

          寝る時にはこれを聞くとか、これを聞いたら泣くとか、これを聞いたらブチ上がるとか、そういうのが一致する、同じ波長を持った人って本当に貴重です。

          好きな音楽さえ分かれば、その人と付き合えるか付き合えないかがなんとなく分かると思います。

          メンヘラ好きだったらLana Del Reyを聞いてる奴がいいし、草吸う隠れオタクとかが好きならSkrillexを聞き込んでる奴がいいし、頭スッカラカンだけど見た目はオッケーみたいな馬鹿がいいならTaylor Swift聞いてる奴にすればいいし、性欲の塊みたいな人がいいならDrake聞く奴でいい。

          だいたいあってません?

           

          たとえば私だったら、西野カナさんの曲を聞く人とは付き合えないって自信の揺るぎなきこと山のごとしです。トリセツのめんどくさきこと火のごとしです。

           

          だからこそ、デート相手の車に乗ってる時に、外で聞いたことがない大好きな曲とか、「初めて聞いたけどこれめっちゃ好き」みたいな曲がかかった瞬間、もうその人だって思っていいくらいだと思います。

           

          逆に言えば、めちゃくちゃタイプだけど音楽の趣味が全然合わねえ!!みたいな相手とは長続きしないんじゃないかと。

           

           

          2.「付き合う意味ってなに?」

          もう1なんか長い前フリだと言っていいくらいにこれですわ!!!

          確かに相性も大切なんですけど、相手を理解する上でこの質問無敵なんすわ!!!

           

          付き合ってどうするかって本当に人によりけりです。

          それセフレと変わんなくね?みたいなカップルもいれば、セックスしたことないカップルもいるし、相思相愛でいっつも一緒にいて旅行もセックスもしてんのになぜか付き合ってない人たちもいます。

          それって、結局個人が「付き合う」ということに対して何を求めているかで二人の関係性が決定している、ってことだと思うんです。

           

          「付き合ってる相手はアクセサリーと一緒。自分のステータス表してんのと一緒」

          「彼氏とか彼女って言葉の意味が分からない。別にお互い好きなら好きでよくない?それをいちいち彼氏だ彼女だ浮気だああだこうだ、ってのがめんどくさい」

          「好きなもんは好き。好きなもんは欲しい。だから好きな人には自分の彼女になってほしい(考えるより行動派)」

          「四六時中その人のことを考えてて、ずっと連絡取ってたくて、他の男としゃべってるの嫌だけどダサいから妬いてんの隠したりして、笑った顔が最高に可愛くて、あー自分がこの子笑顔にしたいなーとか思ってる人が、自分のものです、って言えるって最高じゃね?彼女ってそういうことじゃね?」

           

          みたいな感じで、付き合うということに対して考えることって本当に千差万別です。

          だからこそ、「付き合うとは何か」という質問で、自分と思考が似ているか似てないかが一撃で分かるだけでなく、その人がどういう人物かってことも簡単に把握できます。

           

          めっちゃ時短やないすか?

           

          記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

          Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

           

          日常はこちら

          Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

           

          ご連絡はこちら

          oneofphilhardison@gmail.com

           

          血迷った結果はこちら

          Phil Hardison - YouTube

          トランプ勝利後の初日にアメリカで起きた事

          人種/国際/宗教

          さて、トランプの勝利によって全米のみならず世界にも衝撃が走っています。

          アメリカらしく無駄に大騒ぎしている感が否めませんが、トランプ派は初日から飛ばしすぎたみたいです。

          以下リンク、アンチトランプ派によりまとめられた、トランプ勝利後の初日にトランプ派が起こした行き過ぎた言動の数々です。

           

           

          上記リンクのうちのいくつかを簡単に日本語に訳してみました。

           

           

          『ガソリンスタンドに行ったら、数人の男に「国から出ていく時間だぞアプー(イスラム系の名前)!」って言われた』(アラビア系男性の投稿)

           

          『スカーフを巻いていたら、駅で「タイムアップだぞおじょうちゃん」って言われた』

           

          『トランプが勝利して24時間も経ってないのに、イスラム教徒である私の友達の妹が、大学へ向かうバスの中でトランプ支持者の男にナイフを突きつけられた』

           

          『たった今、ロスで誰かがヒスパニック系の俺の友達に対して「母国に帰れ!」って叫んでった』

           

          『たった今、お母さんから「お願いだからヒジャブを着ないで」とメールが来た。お母さんは家族でも一番敬虔な人なのに・・・』

           

          『サザン リーハイ高校で、白人の学生が「コットンピッカー(黒人の蔑称)、おまえはニガー(黒人の蔑称)だ、ヒトラー万歳」と合唱する事案が発生したと校長が認めた』

           

           

          『いま僕の母親と妹が、身の安全のためにヒジャブを着るべきか着ないべきか話し合ってる』

           

          『今までヒジャブ無しで登校してきたことがない3人のイスラム教徒の友達が、初めてヒジャブを身に着けずに登校してきた。どうなるかが怖いから』

           

          『今日、私をメキシコ人だと推測したらしい年上の白人男性にハラスメントされた。「トランプがおまえらをレイプしろって言ってくれて、おまえらをこれから作る壁の向こう(メキシコのこと)に追い返してくれる時が来るのが待ち遠しいぜ。地獄に帰れ不法入国者が」って言われて、カップの水を顔にかけられて、中指を立てられて、そいつは逃げていった。そいつに言い返さないように、追いかけないように、全身の力使った。今は涙が止まらない。女性であることとマイノリティーであることをこんなに怖いと思ったことがない』

           

          ※ドアに「トランプ」と書かれた画像と共に投稿された文章

          イスラム教徒学生のための大学外の礼拝室。まだ選挙から24時間も経ってないのに』

           

           

          『トランプ支持者によってイスラム教徒の学生がハラスメントされる事案が既に2件も大学内で発生したみたい。みんな無事でいてね』

           

          『妹からのメール:

          バスに乗ってたら私立セントフランシス高校の女子グループが私を見て「あんたたちはバスの後ろに座るべきじゃないの?」って言ってきた。バスを見渡したら、後ろの方には黒人やヒスパニック系の人たちが座ってた。もう1回言ってみてくれる?って聞いたら、「だから、あんたたちはバスの後ろに座るべきじゃないの?大統領トランプなんですけど?」って言われた。

          これ、シェアしてくれない?これがトランプがすることなんだよ!1日も経ってないのに。これからはこういうことしていいって本気で思ってんの?』

           

          『酒屋に買い物に行ったら白人男性のグループが俺に英語を話せるか聞いてきた。俺が笑って無視したら、セブンまでついてきて、「チンクス(中国人の蔑称)は国から出て行けよ、やっと純アメリカを取り戻せるぜ」って言ってきた。レジの人が出ていくように言ったら、そいつらは彼をビンラディンって呼んで笑いだして、この店を燃やしに戻ってくるわ、って言い出した。俺が「いいから出て行けよ」って言ったら、また笑いながら「こいつ英語喋れんじゃん!」って言いながら駐車場まで俺についてきて、「白人パワー!」って叫んでた。

          古きよきスィミヴァリー、中学とか高校にいたレイシストの白人キッズたちを思い出すね』(アジア系男性の投稿)

           

           

          『新しい大統領が決まって初めて受けた差別は、ウォルマートで買い物してたら女性が近づいてきて、私のヒジャブをずりおろして「これはもう許可されてないわよ。頭じゃなくて首にでも巻いて首つったら?」って言われたことね。トラウマになってる』(イスラム系女性の投稿)

           

          『トランプ初日:

          高校が廊下に監視カメラを設置しなきゃいけなくなった。

          トランプ派の学生が廊下で「もう10メートル高く!もう10メートル高く!(メキシコとの間の壁のこと)」ってラテン系の学生に向かって叫んだから』

           

          『今日、カリフォルニアのナパで初めてトランプが勝利した影響を体験した。

          ガソリンスタンドで車に乗ってたら、私の反対側に停まってたトラックから男の人が降りてきた。そして彼が小さなアジア系の女性に向かっていくのに気付いた。彼が彼女に向かって怒鳴り始めたから、不意に顔をそちらに向けて何を言ってるのか聞いた。「俺は勝ったんだ。さっさと国から出ていけよ」って立ち尽くした女性が泣いても、何度も何度も言い続けた。私は彼女のところまで走っていって、彼のことが見えないように彼と彼女の間に入って、彼女を抱きしめて一緒に泣いた。一緒に泣きながら、「ごめんね」って言うことしかできなかった。

          無力だと思った。

          彼はそれから私に対しても「出て行け」って言い始めた』

           

           

           

          -----------

           

          信じられないようで、こんなことが本当に起こってしまうんですね。

          まるで10年前のアメリカを見ているみたい。

           

          紹介したリンクの中には、トランプに投票した白人男性のお年寄りを、黒人のグループがリンチしている動画もあって、正直、どちらの派閥も過激派がすることは褒められたもんじゃないです。

           

          トランプ支持者の過激派に関して言えば、彼らは自分たち(白人)の立場が上になったと勘違いしている。

          トランプの勝利は国民の地位を良くも悪くもしない。

          すべては彼らがどう行動するかにかかっているのに、彼らはトランプの勝利によって本当にアメリカが変わってしまうと思い込んでいる様子。

          日本は国民がおとなしすぎるけど、今回ばかりは日本を見習ってほしいくらいには、みんな大騒ぎしすぎている印象。

           

          アンチトランプ派はトランプ派に対して「ヘイターたちだ!」って言うけど、それ自体、あんたらもヘイトしてね?

          とりあえず一旦みんな頭冷やした方がよさそうですね。

           

           

           

          記事への直接のコメントにはお返事できませんので、ご意見ご感想はこちらまで

          Phil Hardison (@phil_hardison) | Twitter

           

          日常はこちら

          Phil Hardison (@phil_hardison) • Instagram photos and videos

           

          ご連絡はこちら

          oneofphilhardison@gmail.com

           

          血迷った結果はこちら

          Phil Hardison - YouTube